沃野の伝説〈下〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.32
  • (2)
  • (4)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607480

作品紹介・あらすじ

殺人。不正。容疑者の失踪-。浅見光彦は、事件の背後に見え隠れするヤミ米市場の実態を追って、新潟そして山形県酒田市へ。だが、事件の重要な鍵を握る遠藤という老人が殺害され、竹村警部が捜査を続ける長野県でも新たな犠牲者が…。二大名探偵の行く先々で立ちはだかる食管制度の光と影。基幹農作物を巡る巨大な利権の正体とは?そして、日本の社会システムの根幹を揺るがす事件の結末は?「米神話」の崩壊を予見し、日本人の文化、生き方までを深く問うた内田文学の金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下巻も載せておきます・・・

    ていうか上下巻に分かれている本のレビューを一括してかけないのは不便だと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京都生まれ。一九八〇年『死者の木霊』で衝撃的デビュー。以後〈――伝説殺人事件〉〈地名+殺人事件〉など長編推理小説を精力的に発表し、旅情ミステリーの第一人者となる。二〇〇七年には著作総発行部数が一億冊を超える。〇八年、ミステリー文学への多大な貢献が称えられ日本ミステリー文学大賞を受賞した。一五年には、一般財団法人内田康夫財団を設立。一六年四月、軽井沢に「浅見光彦記念館」オープン。http://www.asami-mitsuhiko.or.jp

「2018年 『坊っちゃん殺人事件 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沃野の伝説〈下〉 (角川文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする