横浜殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.25
  • (3)
  • (4)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607541

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 横浜テレビの看板レポーター山名めぐみが殺された。最後に取材したVTRを見た浅見光彦は彼女のインタビューが事件の鍵を握ると睨む。「赤い靴」と「青い眼の人形」、二つの童謡に隠された謎とは?また金沢八景で死んでいた会社員浜路恵一と事件の関連とは?異国情緒漂う横浜の街を舞台に、テレビスタッフの藤本紅子、浜路の娘智子、浅見の三人が事件の真相を追う。

  • 浅見光彦の公式第32事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • 浅見さんはあまり好きなタイプじゃない…。

  • 2007/12/16
    む、不完全燃焼。
    長いシリーズの一つとしてはこんな結末もありなのかもしれないが、たまたま気まぐれでこれだけ読んだ私には不満。

  • 赤い靴の女の子の歌をめぐって事件が起きる。「赤い靴の女の子」の歌と「青い目の人形」の歌のが対になっている事に驚き。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

東京都生まれ。一九八〇年『死者の木霊』で衝撃的デビュー。以後〈――伝説殺人事件〉〈地名+殺人事件〉など長編推理小説を精力的に発表し、旅情ミステリーの第一人者となる。二〇〇七年には著作総発行部数が一億冊を超える。〇八年、ミステリー文学への多大な貢献が称えられ日本ミステリー文学大賞を受賞した。一五年には、一般財団法人内田康夫財団を設立。一六年四月、軽井沢に「浅見光彦記念館」オープン。http://www.asami-mitsuhiko.or.jp

横浜殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

内田康夫の作品

ツイートする