はちまん(上) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.21
  • (3)
  • (4)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 147
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607558

作品紹介・あらすじ

八幡神社を巡り続けた老人飯島の死に隠された秘密を浅見光彦が探る! 著者が壮大な想いをこめて紡ぎ上げた大河巨編、ついに文庫化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 浅見光彦の公式第80事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • 倉敷などを舞台とした作品です。

  • 有名な作家さんの割に今まで読んだことがありませんでした。
    まだまだ読んだこと無い作家さん一杯。それはそれで楽しみなのですが。

    取り合えず。もう宝くじは買うのをやめようと思いました(笑)。
    仕分けされても結局予算は通ってますしね~。官僚様の天下り先の確保とは恐れ入りました。大体、宝くじで収益を出して色々寄付とかしてますが経費をさっぴいた全部は福祉とかに使えばいいんじゃないか?と思います。

    最初は何でサッカーくじの話?と思ったのですが色々リンクしていてとても面白かったです。でも最後、あれは解決と言うのかなあ?作者と言うか日本人の良心なのか。
    先の戦争の問題と愛国心の辺りも興味深く読みました。
    中学時代、近代は駆け足で殆どきちんと教わらなかったのは日本人がその部分をあまり思いだしたくないからなのか。
    でも認めることは認めなければ次への成長がありませんよね。

    面白かったです。

  • 八幡神社を訪れていた、老人が殺害される。
    カメラマンの女性が、殺害前に神社で老人と話をしていた。
    前半は説明が多い気がして、読み辛かった。
    後半は、事件、関係人物、カメラマン女性の恋愛と、恋愛相手と
    だんだん謎の絡みが多くなっていき、調子が出てきた。

    浅見シリーズで、戦争関係は結構好きです。
    下巻が楽しみです。但し、結末が哀しそう。

  • 説教が全体の1/3を占めている、まるで富野由悠季のような小説。
    自分の書いた本と類似の題で関連する内容の本なので一応読んだです。

  • カメラマンの小内美由紀は取材で訪れた長野で、自分と同じ名前の小内八幡神社を知り、訪れる。
    そこで、八幡神社を巡っているという飯島老人に出会う。
    その飯島老人が水死体として発見された。
    飯島老人の息子が姪の学校の先生であったという縁から浅見光彦が立ち上がる。
    飯島老人の足取りは?何故八幡神社を巡っていたのか?

    そして、政治の世界ではサッカーくじなる公営ギャンブルを行なう法案が文部省主導で成立しようとしていた。

    はちまん下に続く。

  • 無理やり「意外に面白かったよ」と渡された本。いつもテレビでみる人を活字で読むのは・・・と思いながら完読。

  • 第2次世界大戦後の日本人の描写を含めた推理小説。戦争を生き抜いたじいさんの気持ちが分かるかも・・(上)

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×