札幌殺人事件 (上) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.10
  • (1)
  • (4)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607633

作品紹介・あらすじ

ススキノのクラブ「ユリアンヌ」に時折現れる謎めいたプロモーター白井。浅見光彦が捜索を依頼された失踪人・戸田は白井の身辺を探っていた。戸田が残した不可解な盗聴テープに興味を惹かれ、浅見は札幌へ飛ぶ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔、引っ越しの時に段ボールに入れたままだった本を出してみたら浅見光彦シリーズばかりだった。
    久しぶりに読んだけど、軽くて読みやすい。サクサク進む。
    一度読んでいるはずだけど、内容はすっかり忘れていて初読のように楽しめた。
    奥付けを見たら1994年。最近のように思えるけど、20年近く前という現実にがく然。
    これから下巻を読みます。

  • 浅見光彦の公式第68事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • 北海道の話なのにラーメンとカレーが食べたくなるのはなぜ?カニは?

  • 札幌のイベント会社専務・越川春恵は、夫・伸夫の行動に不審を抱いた。原因はプロモーターの白井信吾にある? 春恵の依頼で白井の身辺を探る戸田亘は、謎の言葉を残して失踪。名探偵・浅見光彦は戸田の行方を追い札幌へ飛んだが、待ち受けていたのは北大植物園の絞殺死体だった!……一人の男の蒸発が、北海道開発を巡る利権の暗闘を暴き出した!? 大作の上巻。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×