氷雪の殺人 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.26
  • (0)
  • (7)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 77
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607688

作品紹介・あらすじ

利尻山登山道で男性の凍死体が発見された。被害者は富沢春之。通信機メーカーの技術者だった。警察が自殺として処理しようとする中、浅見光彦は同地出身の北海道沖縄開発庁長官・秋元より、兄・陽一郎を通じて真相究明の依頼を受ける。被害者が遺した「プロメテウスの火矢は氷雪を溶かさない」という言葉と1枚のCD。国防を巡る巨悪に、光彦と陽一郎はどう立ち向かうのか。日本人が喪った「覚悟」を真摯に問う社会派ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公の探偵浅見光彦がどのような人物なのかを知りたくて初めて読んだ内田康夫作品。
    33歳、独身、とても裕福な実家住まい、ばあやに溺愛されて育ったという浅見光彦についてはとてもよくわかった。
    今までの私のイメージの中の探偵とは異なり、やわな、優男(やさおとこ)だが、頭が良くすぐに事件の核心に近づく。
    実際、探偵ではなくルポライターという設定なのも面白い。
    TVドラマも一度も見たことがなかったが、機会があれば見てみたい。歴代の浅見光彦役の俳優は、皆私が抱いたイメージに近い。

  • 利尻旅行のお供に持参した。
    作中の店に立ち寄ることまではしなかったが、いろいろと想像が膨らんでよかった。
    利尻に関する記述が多いとも思えないが、利尻旅行のお供には最適だった。

  • 利尻山の登山道で、男性の死体が発見された。被害者はとあるメーカの会社員。彼の死を調査していくうちに、様々な人々の思惑が明らかになってくる。国防と汚職を真っ向から見据えた社会派ミステリー。

    やや長大な印象かなー。登場人物が続々と追加されていくので、整理するのに戸惑った。
    テポドンや汚職話のくだりは、そんなこともあったなあと思い起こしました。が、後で調べてみると、汚職事件が明らかになったのはこの作品が書かれた数年後のこと。
    筆者が予測していたのか、実態を知っていたのかはわかりませんが、国防を考える端緒にはなるんじゃないでしょうか。

  • 利尻島などを舞台とした作品です。

  •  「トラベルミステリーかと思いきや、やっぱり社会派だった」という印象。2003年の作品。浅見光彦シリーズはほぼ10年ぶりに読んだため、最近の作風がどうだかはわからないが、かなり異色なのではないだろうか。後味はあまりよくないが、当時の世相や事件なども反映されている。話のスケールはものすごく大きいのだが、浅見光彦の立場だからこそ、それも可能という意味では、軽いものから重いものまで扱える、かなり万能な主人公だなぁと改めて感じた。重い社会派的内容を、ライトに読ませることができるエンターテインメントという意味でも、今のライトな本が受けている世の中の傾向を考えると、入門変としてもすすめられる作品のような気がする。

     個人的には、母が友人から借りたものを、またがりした作品。もうどのくらい浅見光彦シリーズなんて読んでなかったんだろうと考えると、これが2003年の作品らしいので、少なくとも、10年は手にしていなかったよう。北区出身の私としては学生時代はかなり身近な作品で、よく平塚亭にも足を運んでいたのだが、なぜだか、遠のいていた。改めて読んでみると、当時とはまた別のよさを感じられた。また久々に縁があったら手に取ってみようと思う。

  • 利尻島と国防問題と防衛庁の汚職がテーマ。
    やっぱり社会派。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×