幻香 (角川文庫)

著者 : 内田康夫
制作 : 牧野 千穂 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月25日発売)
3.27
  • (2)
  • (8)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :147
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041607763

幻香 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有名な浅見シリーズらしいけど初めて読んだ。
    長い事続いてるのか、ダラけてる感がある。そんな偶然が重なるものかと思うし、そりゃ無いぜってのが多かったかなー。勉強になるとこは幾つかあったけどもう無いな。

  • 「究極の香水」の副作用によってもたらされた死。
    封印された「究極の香水」が再び現れたとき、それは「悪魔の香水」となり人々にあらたな死を招く。
    自分の研究のすえに手に入れた開発結果は、研究者にとって何よりも大事なものなのかもしれない。
    欲にかられて甘い蜜に群がる害虫のような人間たち。
    殺人を犯しても大きな富は手に入れたいものだろうか?
    不幸な出来事を乗り越えて未来へと歩き始める三人の娘たち。ラストが未来へつながるものでよかった。
    いつもながら浅見光彦シリーズは読みやすい。
    シリーズ初期はなかなか覚えにくいタイトルも多かったけれど、特徴のある個性的なタイトルになってからは、内容をすぐに思い出せるようになった。
    タイトルの果たす役割は意外に大きい。

  • 久々に読んだ内田康夫、浅見光彦ミステリーである。タイトル・内容に直接関係無いが、浅見フレーバーは変わっていなかった。

  • 読了。

  • 最後の方まで誰が犯人かわからなかったぁ~。
    「香り」の世界をちょっと知ることができました。
    面白かったわ。

  • 久しぶりに光彦さんをよんだ。今回は香水について。この人ほんとネタに困らないでいろんなことから思いつくよなぁ。と思う。コメ問題だったり森林だったり。で、今回の話。マドンナは3人でいいのかな?いつもみたいにいい雰囲気になることがなかったのは意外だった。で、相変わらず携帯電話を持たない光彦さん。

  • 1月10日~12日

    名探偵・浅見光彦のもとに届いた一通の手紙から、芳香が立ちのぼった。「四月十日午前九時、栃木市の幸来橋に来てください。でないと、私は死ぬことになります」。新進気鋭の調香師殺害事件に巻き込まれた浅見は、十年前に起きた、天才調香師殺害事件との奇妙な符合に気づく。華やかな香水産業の裏側、熾烈な開発競争の暗部、手探りで進む浅見の前に現れた三人の美女は、絢爛たる香りで名探偵の嗅覚をも狂わせていくのだが―。

  • 3世代に渡る確執
    媚薬
    世界大戦
    不肖の息子裏の畑

    設定は突拍子もないが、そこそこ楽しめた。

  • 舞台は奥日光。調香師殺害事件。究極の香水。三人の美女。

    相変わらず携帯電話を持たせてもらえない浅見探偵。今時、自動車電話なんて使っている人いるんだろうか?

    (2010/10/15)

全11件中 1 - 10件を表示

幻香 (角川文庫)のその他の作品

幻香 単行本 幻香 内田康夫
幻香 (光文社文庫) 文庫 幻香 (光文社文庫) 内田康夫

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

幻香 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする