ロマンチック・サイエンス (角川文庫 (6002))

著者 : 楠田枝里子
  • 角川書店 (1985年2月発売)
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041611012

ロマンチック・サイエンス (角川文庫 (6002))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 15年以上手元に置いて、ちょくちょく見返している愛読書です。
    女性の視点から科学を取り扱った、とても読みやすい、かわいらしい一冊です。

    「鏡の虎」や「光の兵隊」などいくつかの章に分かれていますが(ファンタジーが好きな私は、このタイトルを見ただけでもワクワクします)、どの章もたとえば花火や寿司などの、他愛もない話題からはじまります。でも読み進めていくうちに気づくと、核融合やクローンの話になっています。

    もしこの本を幼い頃に読んでいなかったら、私は理科を好きにならず、農業系の大学に進むこともなかったのでは、と思います。
    25年も前の本ですが、ぜひ若い女性の方々にも読んでいただきたいです。

  • 持っているのはPHP研究所のもの。

全2件中 1 - 2件を表示

ロマンチック・サイエンス (角川文庫 (6002))のその他の作品

ロマンチック・サイエンス 単行本 ロマンチック・サイエンス 楠田枝里子

楠田枝里子の作品

ロマンチック・サイエンス (角川文庫 (6002))はこんな本です

ロマンチック・サイエンス (角川文庫 (6002))を本棚に登録しているひと

ツイートする