さらば、荒野 (角川文庫 (6022))

著者 : 北方謙三
  • 角川書店 (1985年4月1日発売)
3.66
  • (51)
  • (45)
  • (96)
  • (8)
  • (3)
  • 409人登録
  • 63レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041612026

さらば、荒野 (角川文庫 (6022))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブラディドールシリーズ。あとにも先にもハードボイルド作品でしびれたのはコレだけ!名作。

  • ハードボイルドとは「女と本気で付き合うってのは、いつだってやりきれんものさ」と虚勢を張ってうそぶく幼稚な男の物語である。美津子を抱きたいなぁ。私の周りに、こんないい女は残念ながらいない。

  • 有能な人間たちが絶妙なタイミングで接触して危機を逃れることの繰り返し!もう最後には、大丈夫どこかで現れるからと思ってて実際その通りでw惹きつけられてやまない話だけど、読後は...疲れたww

  • ジャズ、ピアノ、バーラウンジ、ハーフハーフのジントニック、シガロ、、そんななかで繰り広げられるドラマ。アクションはとってつけた感があるが、一度は憧れる世界観がそこにはある。ラストのハードな展開より、作品の雰囲気が良かった。

  • ブラディ-ドール 1

  • ずいぶん前の作品。大好きなシリーズだな。 2014.8.22

  • 当時はこれで良かったのかな。安物のVシネマみたいな感じ(見たこのないけど)。

  • え?すげえつまんなかったんだけど

  • 『ブラディ・ドール』シリーズ第1作。
    本格ものだとこうは行かない銃撃戦や、幾らなんでも死んでるだろって格闘シーンが楽しい。
    銃器の出所やら何やらを云々するのは野暮ってもんですw

  • 珠玉のハードボイルド連作の第一巻。一人称は川中良一、ブラディ・ドールのオーナー。

    北方氏曰く、荒野というのは喪失感を抱いている人生だとか。人には決して癒せないもの、癒さないで抱えていくしかないものである「喪失」。「喪失」をうちに抱えて生きることは人間的であるけれど、やはりその人生は荒れ果てた大地、だと言う。

    そういう意味で第一巻の題名が「さらば、荒野」であったのは、過去に過剰防衛からひとを殴り殺し、今、弟と愛していたかも知れない女を死なせ、キドニーとの友情を失い、けじめをつけるためにたくさんの人間を死なせた川中が、それでも新たに藤木という男を傍らに得ることで、ゆっくりと深く深い喪失感を、埋めようとしている一歩だと言うことを、示しているようにも思う。
    呆気なくひとが死にすぎるのも一役買っているんだと思うけれど、登場人物が皆、痛々しい。男も、女も。
    目の前を、一瞬激しい光を掲げて疾走していく男たちを、燃え尽きるまでさりげなく、でも真摯に、見つめさせてくれる物語だ。

全63件中 1 - 10件を表示

さらば、荒野 (角川文庫 (6022))のその他の作品

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
北方 謙三
北方 謙三
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

さらば、荒野 (角川文庫 (6022))を本棚に登録しているひと

ツイートする