肉迫 (角川文庫―ブラディ・ドール)

著者 : 北方謙三
  • 角川書店 (1990年3月1日発売)
3.69
  • (28)
  • (28)
  • (61)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :256
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041612088

肉迫 (角川文庫―ブラディ・ドール)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いよいよブラディドールシリーズ。ハードル高!このハードボイルドさは、最近馴染みの作家さんにはとうてい及ばないwシリーズ読破が怪しくなった....

  • ブラディ-ドール 3

  • はまりそう。

  • 『ブラディ・ドール』シリーズの第3作。
    今作の主人公はアメリカ帰りの元(?)実業家で、二部構成になっている。
    様式美のような銃撃戦が楽しいw

  • 1部良かったなー!でも2部は話を広げすぎな感じがしちゃって、読後の印象は今ひとつかも。展開も急な印象があるし・・・。もういっそのこと、派手なアクションシーンとか無くてもいいんじゃないかなぁ・・・。

  • シリーズ三作目。
    フロリダで妻を殺され、
    経営していたホテルやレストランもなくした男が、
    追い込んだ男に復讐する。

    わかりやすい敵対構造、
    酒場と拳銃とクルーザーと女と煙草、
    けっこう簡単にひとが死ぬ、

    というようなハードボイルド要素のすべてがもう、
    様式美に思えてきました。

    川中さん、藤木、坂井の三人がなんだかすごく身内っぽくていい。
    そしてキドニーの立ち位置がすこぶるおいしい気がするw

    巻末の作者インタビューからすると、
    人はとにかく死んでくシリーズらしいのですが、
    今後が楽しみなような怖いような…

  • 秋山さん。

  • 最高

  • なんだこの素敵オッサン天国は。基本ショタの私がときめくほどのナイスミドル祭り。

  • ブラディ・ドールシリーズ第3弾。秋山親子登場、藤木最強伝説。

全23件中 1 - 10件を表示

北方謙三の作品

ツイートする