黒銹 (角川文庫―ブラディ・ドール)

著者 :
  • 角川書店
3.72
  • (27)
  • (26)
  • (53)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 243
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041612101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後の対談で男の理想って話してたけど、女性は儚い命なのよね... 今回の話ではあまり死なないと思ってたら最後にやっぱりなんだから。

  • くさいセリフだけど、タイミングが良いので、サクサク読み進む。

  • ブラディ-ドール 5

  • 少しこの本に限って前作よりも質が落ちているように思えた。所々文章に違和感を感じたのはわしだけだろうか?

  • 『ブラディ・ドール』シリーズ第5作。
    今回の主人公は殺し屋・叶。
    『殺し屋』なんて職業(?)がフツーに登場する辺りがハードボイルドなのかw
    随所に登場するジャズナンバーがなかなか。

    巻末には前巻に続いて佐々木譲との対談が収録されていて、こちらも興味深い。

  • おしゃべりな殺し屋登場巻

  • N市に潜伏した男を追ってきた殺し屋視点のお話でした。

    もう、新しい人が物騒な事件を引き連れて、
    川中さんたちと関わって、
    N市に住みついていくパターンに若干飽きてきたけれども、

    新しい人が来るたびに、

    如何に川中さんが魅力的か、
    どんだけ坂井と藤木の川中愛が深いか、
    キドニーと川中さんが要するに敵対というより愛憎関係なのか、

    ことあるごとに書いてあるので、

    そのあたりをつっこみながら読めば楽しい気がします。

  • 叶さん。

  • 最高

  • シリーズ5作目。川中の店「ブラディ・ドール」は最早梁山泊。良い男が次々とやってくるんだわ。そりゃもう続々と。今作の主人公は殺し屋の叶さん。クールなのにみょーに人付き合いがいい叶さん。35歳なのにえらい渋いです。女の口説き方が堂に入ってます。坂井を小僧呼ばわりです。

    そんな感じで叶さんはたいそう魅力的だけど、事件のほうは大して面白くなく消化不良気味。こんなところも水滸伝だよなー。作中で一番面白いのが日常場面、っていう。

全27件中 1 - 10件を表示

北方謙三の作品

ツイートする