残照 (角川文庫―ブラディ・ドール)

著者 :
  • 角川書店
3.78
  • (35)
  • (19)
  • (58)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 254
感想 : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041612125

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シリーズ第七弾。
    下村。

  • 派手に人が死ななくなった分、内にグッと沁みるようになった。哲学なんだもん。

  • 下村ってどうかな?と思った。いままでに無い違和感。

  • ブラディ-ドール 7

  • 男としての生き様を色んな形で見せてくれる。本書は内側に色んな葛藤を抱えながらも生きていく男たちの姿を描いた作品である。中盤で出てくる下村が袋にされたシーンは強烈だった

  • ブラディドール第7巻。今回の主役は下村敬。
    自らにけじめをつけるため、仕事を辞めてまで姿を消した女を追う。
    しかし途中からは女ほったらかし(違うのは解ってるけどそうとしか思えん!)で、彼女が惹かれた男に惹かれて彼の生き様を追うことに…。

    藤木の退場を皮きりに物語が終焉に向かっていると強く感じさせられる。今回もある人物が舞台から姿を消します。黒幕らしき政治家もラストで姿を見せ、ますます物語は加速を始める

  • 『ブラディ・ドール』シリーズ第7作。
    下村登場……なんだけども、読み返してみたら内容をすっかり忘れていて自分でも吃驚したw 6冊目まではうろ覚えはうろ覚えなりに覚えてるシーンがチラホラあったのだが……ううむ、こんな地味な内容だったっけか……。

  • 沖田先生のような人は嫌いじゃないです。むしろ、殴られても殴られても、左手を砕かれても立ち上がろうとする下村よりは、ずっと惹かれる。キドニーも同じ。理解しやすい痛みを持っているからかもしれない。

  • 下村さん。

  • かっこい、おもしろい

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北方謙三

一九四七年、佐賀県唐津市に生まれる。七三年、中央大学法学部を卒業。八一年、ハードボイルド小説『弔鐘はるかなり』で注目を集め、八三年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞、八五年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。八九年『武王の門』で歴史小説にも進出、九一年に『破軍の星』で柴田錬三郎賞、二〇〇四年に『楊家将』で吉川英治文学賞など数々の受賞を誇る。一三年に紫綬褒章受章、一六年に「大水滸伝」シリーズ(全五十一巻)で菊池寛賞を受賞した。二〇年、旭日小綬章受章。『絶海にあらず』『魂の沃野』など著書多数。

「2021年 『道誉なり(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北方謙三の作品

ツイートする
×