遠い港 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.45
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041612194

作品紹介・あらすじ

浦本洋次は港町で暮らす網元の次男坊。中学生の彼は、海に生きる男たちの背中を見つめ、大人になるということの意味を考えていた。洋次は、多感な想いを喧嘩、陸上競技、冬の船上にぶつける。だが、それでも洋次の痛みと苛立ちは消えない。少年に重くのしかかる家族の秘密。船子たちが垣間見せる悩み。老いた漁師のやり場のない哀しみ。そして、同級生への密かな恋と性へのあこがれ。すべてが、洋次の試練となり、心を激しく突き動かしていく-。少年の心象風景と成長を鮮烈に描いた北方文学の名品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公”洋次”の<成長>を見ることができる作品。短篇としても読み進められる。北方作品の名品!

  • 炎の営業杉江さんのお薦め

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

北方謙三

一九四七年、佐賀県唐津市に生まれる。七三年、中央大学法学部を卒業。八一年、ハードボイルド小説『弔鐘はるかなり』で注目を集め、八三年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞、八五年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。八九年『武王の門』で歴史小説にも進出、九一年に『破軍の星』で柴田錬三郎賞、二〇〇四年に『楊家将』で吉川英治文学賞など数々の受賞を誇る。一三年に紫綬褒章受章、一六年に「大水滸伝」シリーズ(全五十一巻)で菊池寛賞を受賞した。二〇年、旭日小綬章受章。『絶海にあらず』『魂の沃野』など著書多数。

「2021年 『道誉なり(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北方謙三の作品

ツイートする
×