定吉七番シリーズ(1) 定吉七は丁稚の番号 (角川文庫)

著者 : 東郷隆
制作 : 泉 晴紀 
  • 角川書店 (1985年4月1日発売)
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041619018

定吉七番シリーズ(1) 定吉七は丁稚の番号 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に読み返そうとしたら、字が小っちゃ!(苦笑) まぁ、Kindleでも読めるけどね。バブル時代に当時の風俗を描いた傑作。それにこの作品、映画007シリーズのかなり忠実なパロディなのだ。だから、007のDVDも合わせて見ると面白いんだよなぁ。

  • 書き文章・お笑いネタ定番技術のひとつに「固有名詞の過剰な羅列」というのがあります。
    本書は固有名詞の羅列で笑いを誘った本です。
    誘った、と過去形にしたのは、すでに固有名詞ネタの賞味期限を過ぎているからです。
    サーファーや丁稚のいでたちも、ホンダS600も有次包丁も007やフレミングすらも、ラノベとケータイ小説とレッドカーペットが楽しい人たちには、きっと面白くない。

    そんなワケでこのシリーズはもはや綾小路きみまろ同様、「年寄が楽しむお笑い」です。

全2件中 1 - 2件を表示

東郷隆の作品

定吉七番シリーズ(1) 定吉七は丁稚の番号 (角川文庫)に関連する談話室の質問

定吉七番シリーズ(1) 定吉七は丁稚の番号 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする