野望のラビリンス (角川文庫)

著者 : 藤田宜永
  • 角川書店 (1995年12月発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041623046

野望のラビリンス (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハードボイルドかなあ(2回め)。フランス在住の私立探偵鈴切信吾が、持ち込まれた些細な依頼を片付けようとして、殺人事件に巻き込まれていくシリーズ。

    個人的に酷評した「標的の向こう側」では、日本のヤクザとその娘と恋人だったけど、今度は芸術家ネットワークと銃器密輸ルートの話。ヤクザよりは人間性が描かれているので、それなりに読みやすい。

    相変わらず、私立探偵が動けば動くだけ、人が殺されていくのだが、何でほぼすべて日本人なのよ?という違和感は相変わらず。フランスで話を拡げる意味がわからない。

    しかし本作では、鈴切さん(そもそも生涯ほぼフランスにいるのに、漢字の名前って不思議だが)には、幸いにしてキャラクター付けが曖昧で、非常に薄いのに対し、周りのキャラクターの濃さが際立っているため、うまく展開出来ている方だろう。

    肝心の事件の解決は、予想以上にあっさりと裏もないものなので、印象は薄いが、まあ読める方の作品であろう。

    ただ、タイトルの意味がわからなかった。どの辺に「野望」が有るの?ちょっとセンスねえなあ。

  • 藤田宜永さんの描くハードボイルド小説は昔から気に入っている。フランスを舞台にしているところもいいし、古典の匂いさえする本格的なハードボイルドなところもいい。ただ、私は乱読派。どれを読みどれを読んでいないかがわからない。それで藤田さんのデビュー作である本書を読んだ。デビュー作とはいえ、安定感がある。好感を持った。

    本書の主人公・鈴切信吾は、『標的の向こう側』にふたたび登場するとある。こちらの舞台は、パリからスペインだという。パリで旧型のアルピーヌ・ルノーを駆る私立探偵・鈴切信吾は、とても魅力的だ。

全2件中 1 - 2件を表示

野望のラビリンス (角川文庫)のその他の作品

藤田宜永の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

野望のラビリンス (角川文庫)はこんな本です

野望のラビリンス (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする