セカンドライフ (角川文庫)

著者 : 藤田宜永
  • 角川書店 (2008年3月25日発売)
3.33
  • (0)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (541ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041623060

セカンドライフ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 藤田氏の作品は「官能系」というイメージが強かったので、
    読んだことはなかったけど、唐仁原さんのイラストに惹かれて読んでみた(笑)

    「会社をやめたサラリーマンがエロ小説を書く」という、多分、得意分野の物語を本人ではなく、登場人物に書かせているというところが面白い。

    ドロドロしてなくて、さらりとした印象。

  • 2008.11 こんなセカンドライフがあったら・・・幸せに違いない。親父もだてじゃないね。

  • さあ余生をどうすごそうか・・・

    団塊の世代の退職という時代にある現代。
    それぞれがそれぞれの生きたい余生と現実との狭間で葛藤しているのではないだろうか。

    正直人生なんてどう転ぶか分からない。
    70になって初めて燃えるような恋愛をするようなひともいるかもしれないし、文化的だった人が突然スポーツに打ち込むようになるかもしれない。そして多くの社会経験を積んできた大人たちはそうした自分を客観視し、それをあるがままに受け入れていく。

    「これも私のじんせいなのだ」と。

    そこが面白い。

  • 5月31日 読了

  • なんか最後ふつーに2人はくっつくのかと思った。
    なんだよおー。

  • 恋愛小説です
    ちょっとベタな感あり

全6件中 1 - 6件を表示

セカンドライフ (角川文庫)のその他の作品

藤田宜永の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
湊 かなえ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

セカンドライフ (角川文庫)はこんな本です

ツイートする