雨晴れて月は朦朧の夜―自選恐怖小説集 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.21
  • (0)
  • (4)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041626115

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  陰陽師シリーズ以外の作品を読むのは初めてです。短編なので、さらっと読むことができるかなと思い、読み始めました。
     夢枕獏さんのホラー作品を集めた短編小説です。陰陽師もゾっとする物語が多くあったので、覚悟して挑みました。
     夢枕さんは文章の描写が想像しやすいので、小説で書かれている内容が頭の中に鮮明に浮かんできます。幼いときに放送されていたときの世にも奇妙な物語のようでした。(最近は不思議体験のような話を放送しているように思いますが、昔はベタベタの怪談でした。)
     中でも、「中有洞」の描写が特に怖かったです。あとがきに「知人から聞いた」とあり、実際はもっとシンプルで怖かったとあり、「めちゃめちゃ怖かったのにもっと怖いの!?」と思いました。
     ホラー小説はあまり得意じゃないので、読んだ後はどっと疲れます。

  • 叙情的かつ煽情的なホラー短編集。
    『鳥葬の山』はネパール、ナムチェバザールの雑多な強烈な臭いが紙面から立ち昇ってくる…
    かなり強烈な描写があるので読めない方もいた模様。
    『おしゃぶりの秘密』は かなりエロティック。
    『1/60秒の女』は 読後感の良い話。
    どの短編も大人のホラーといった感じで、星四つ。

  • 1/60の女がいいなあって思った。
    思わず「うっ…」ってなっちゃうようなぐろい描写のある作品もあるなかで,この話だけはなんだかほっこりさせられた(*´ω`*)

  • ホラー短編集。

    バスの中でこの本の「鳥葬の山」を読んでいて、
    気分が悪くなったのは忘れられない。
    ・・・それが人と会う約束の前だったりとかね!

    それはおいといて。
    ぞっとしたけれど、「鳥葬の山」は良い。
    「ころぽっくるの鬼」もなかなか。

    全体的に精神的にくる短編集。

  • ホラーなのだけども宗教色が濃いかなという感じ。
    話を通して怖い中にもカタルシスを見い出している気がする。

  • 恐い。単純に恐い、というものではなく精神的にくる。オススメは「ころぽっくりの鬼」

  • 幻想怪奇作家・夢枕獏の原点ともいえる短編を厳選して収録した平成の「雨月物語」。チベットで鳥葬の儀式を見てきた男に降りかかる悪夢を描く『鳥葬の山』、他人には見えない人形を使って殺人を繰り返す少年を描く『ころぽっくりの鬼』など、言葉が紡ぐ恐怖の限界に挑む傑作ホラー作品集。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1951年神奈川県生まれ。東海大卒。77年「カエルの死」でデビュー。『キマイラ』『闇狩り師』『サイコダイバー』『陰陽師』などの人気シリーズを持つ。『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞。『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞。『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞。近年、菊池寛賞、日本ミステリー文学大賞を受賞。18年、紫綬褒章を受章。

「2022年 『宿神 第二巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢枕獏の作品

ツイートする
×