大帝の剣〈1〉天魔の章―天魔降臨編・妖魔復活編 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.20
  • (2)
  • (9)
  • (37)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 133
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041626139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2018.4.1(日)¥250(-2割引き)+税。
    2018.5.12(土)。

  • はちゃめちゃで大風呂敷。このころは良かったw

  • 次々と名のある豪傑が登場してくる!もうはちゃめちゃである。でも面白い!
    そして武蔵が一番いい!

  • なんだか大作の予感。一人一人の背景が見えない中で引き込まれていく。どんな展開になっていくのか楽しみ。

  • 伝奇小説+歴史小説(?)
    忍者やら宇宙人やら宮本武蔵やらごった煮ではあるがとにかく奇想天外.
    夢枕獏の格闘シーンはやっぱり面白い.

  • 第一弾
    非常に破天荒な無茶口茶な物語。
    細かい歴史の話は置いといて、勝手に進めてくれ。
    しかし、何らかの形で終わりはちゃんとしてもらいたい

  • 土蜘蛛が山田風太郎っぽいし文末同じすぎるのが気になって読みにくいんだけど、この大風呂敷の広げっぷりは流石ですね。いいぞもっとやれ!

  • どんどん広がっていくけど、これどうやって終わるんだろう(笑)。

  • 源九郎、武蔵、才蔵。
    歴史ファンなら一度は聞いたことのある名前。
    こいつらでどんなストーリーを見せてくれるんだろうと思いながら読み進めたんですが、

    流石夢枕さん。やってくれましたよ!!
    普通の歴史小説とは一味違う夢枕ワールド。
    あえてジャンルにするなら空想的SFこの一言につきます。

  • 時代劇でいいんですか?

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年神奈川県生まれ。東海大卒。77年「カエルの死」でデビュー。『キマイラ』『闇狩り師』『サイコダイバー』『陰陽師』などの人気シリーズを持つ。『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞。『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞。『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞。近年、菊池寛賞、日本ミステリー文学大賞を受賞。18年、紫綬褒章を受章。

「2022年 『宿神 第二巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢枕獏の作品

ツイートする
×