沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)

著者 :
制作 : 森 美夏 
  • KADOKAWA
3.83
  • (37)
  • (79)
  • (47)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 606
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041626160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ノリが陰陽師と変わらない。
    空海のスゴさと問題が次々と起こる。
    次に続く...

  • いきなり陰陽師のような幻術の登場。序盤は予想と違うSFファンタジーのようなイメージ。

  • キャラの対比描写がいいが、今ひとつガツンとくるものが足りない。話の構造はシンプル。
    むしろもっと伏線たてて複雑な背景を盛り込んでもいいのではと感じた。
    文章は読みやすく、視点の切り替えが面白い。

  • 空海の設定が出来すぎでしょうか?(笑)
    次巻での猫の出方が気になりますね!

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2019年 『キマイラ20 曼陀羅変』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする