沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二 (角川文庫)

著者 :
制作 : 森 美夏 
  • KADOKAWA
3.90
  • (27)
  • (41)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 327
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041626177

作品紹介・あらすじ

妖猫に取り憑かれた劉家の妻が唄った歌。それが、およそ60年前、詩仙李白が玄宗皇帝の寵妃・楊貴妃の美しさを讃えた詩だと知った空海と逸勢は、偶然知り合った後の大詩人・白楽天と共に馬嵬駅へ行き、楊貴妃の墓を暴くことに。だが驚くべきことに、そこには妖しい呪がかけられていたうえ、石棺の中に楊貴妃の姿はなかった-。そんな空海に、謎の方士・丹翁は「このことは忘れよ」と警告するが…?中国伝奇小説の傑作、第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても続きの気になる展開です!
    ミステリーのようになってきました。ホームズとワトソン的な雰囲気?逸勢はワトソンにしては頼りないけど…(笑)相変わらず和ませてくれるキャラクターでした。

    本当によい国にしたいという柳宗元が素敵です。
    それにしても、楊貴妃の死についていろいろな見解というか、伝説が残っているということに驚きました。日本に来ていた説には本当にびっくりです。

    国語の漢文で目にした人物がたくさん出てきました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ホームズとワトソン的な雰囲気?」
      陰陽師の安倍晴明と源博雅のコンビみたいな感じかな?
      「日本に来ていた説」
      そんな説があったんですね...
      「ホームズとワトソン的な雰囲気?」
      陰陽師の安倍晴明と源博雅のコンビみたいな感じかな?
      「日本に来ていた説」
      そんな説があったんですね、歴史を、もっと繋がりで覚えておけば良かった。楊貴妃が唐の時代の人だったのは、何となく覚えていましたが、空海とは結びつかなかったです。。。
      2014/05/09
  • 楊貴妃、阿倍仲麻呂…登場人物がそろい、前半が終わる。いよいよだが、謎は深まりまだ続く。謎がどうなるか非常に気なる、次に期待だ。楊貴妃の死については歴史ミステリーですな。

  • いろいろつながってはきたがまだまだ。青龍寺にはいつ行くのかこっちがヤキモキするわ。

  • 唐の国に入って頭角を現す空海。物語の核心に触れていく。

  • 埋められた棺の中で目が醒めるってゾッとする((((;゚Д゚)))))))
    少しずつ経緯が見えてきた。でも新たな謎が…楊貴妃はどこに?

  • だんだん面白くなってきた。続きが気になる!

  • 続きが気になる引き。貴妃がどうなったのか、空海がどのようにかかわっていくのか、楽しみである。

  • なんと、単なる猫の妖怪の話ではなく、かの楊貴妃の死の真相に迫ってきた!

    この時代の中国の、道士やら方士やらの不思議な力がどんなことをしたのか
    この先の展開が楽しみ

  • 道教の話が続く。阿倍仲麻呂と玄宗との安史の乱での出来事が。三巻に続く。 あっという間につぎへ

  • そうくるか!

全28件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1951年神奈川県生まれ。東海大卒。77年「カエルの死」でデビュー。『キマイラ』『闇狩り師』『サイコダイバー』『陰陽師』などの人気シリーズを持つ。『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞。『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞。『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞。近年、菊池寛賞、日本ミステリー文学大賞を受賞。18年、紫綬褒章を受章。

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二 (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする