丸太の鷹 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.26
  • (3)
  • (4)
  • (32)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041627075

作品紹介・あらすじ

ホント、お待たせしました。実に足掛け5年。よもやお忘れではないでしょうが、念のため申し上げると、『ハードボイルドで行こう』に続くの第2弾であります。あの下北沢探偵公司の辰吉さんが、銀次と絵里ちゃんを従え、難解を通り越え不条理の域に達してしまった事件を追っかけて、白昼の団地へ夜の巷へ、はたまたインド、香港へ-。さらには、未収録の傑作短編を三つも加えて、生きててよかった二重丸の1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第一部「ハードボイルドで行こう パート2」が個人的にツボでした。

  • 小説を読んで、腹を抱えてまで笑ったのは後にも先にもこの一冊だけ。火浦功氏だから許されるギャグの数々。僕の中での火浦氏最高傑作。

全2件中 1 - 2件を表示

丸太の鷹 (角川文庫)のその他の作品

丸太の鷹 (角川文庫) Kindle版 丸太の鷹 (角川文庫) 火浦功

火浦功の作品

ツイートする