旅路〈下〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041630112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • NHKの朝ドラの小説化だったのか……。
    だから、盛り上がりのスパンが短く、さくさく話が進んでいくのね。
    いろんなキャラが出てきて、からんでくる。
    戦前戦後の話なんかもNHKっぽい。
    ドラマが作りやすいしね、あの頃の話だと……。
    文庫三冊の長編でしたが、最後はふろしきがたたまれた!って感じで、読後感が爽快でした。
    ただ、読むのに時間がかかってしまった~

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。日本女子大学国文科卒業。戸川幸夫の知遇を得、その推薦で長谷川伸の門下となる。1959年『鏨師』(たがねし)で第41回直木賞を受賞。1991年『花影の花』により、第25回吉川英治文学賞を受賞。また、これまでの業績により、1997年紫綬褒章を、1998年第46回菊池寛賞を受賞。2004年文化功労者に選ばれ、2016年文化勲章を受章した。著書に南町奉行所内与力・隼新八郎がさまざまな事件を解く「はやぶさ新八御用帳」「はやぶさ新八御用旅」シリーズや「御宿かわせみ」シリーズなどがある。

「2019年 『新装版 はやぶさ新八御用帳(十) 幽霊屋敷の女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平岩弓枝の作品

ツイートする
×