徳川御三卿〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041633311

作品紹介・あらすじ

八代将軍吉宗は、三十年間の治世の後、長男家重を将軍位につけた。さらに病弱な家重の万一の場合に備え、田安家、一橋家の御両卿を創設、以後将軍に嗣子なきときは御両卿から将軍を出すことに定めた。だがこれは、御三家の格下げに他ならなかった。自藩の存亡を賭け、尾張、水戸が動き出す!将軍位をめぐる御三卿と御三家の壮絶な暗闘を描く、本格歴史巨編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どの時代にも 壮絶なナンバーワン争いがあったんですが、
    主人公のふたりは 好感が持てます。

    特に、小五郎さんは 長谷川平蔵を 彷彿とさせます。

    どうやって 阻止するのか先が気になります。

  • 八代将軍吉宗は、三十年間の治世の後、長男家重を将軍位につけた。さらに病弱な家重の万一の場合に備え、田安家、一橋家の御両卿を創設、以後将軍に嗣子なきときは御両卿から将軍を出すことに定めた。だがこれは、御三家の格下げに他ならなかった。自藩の存亡を賭け、尾張、水戸が動き出す!将軍位をめぐる御三卿と御三家の壮絶な暗闘を描く、本格歴史巨編。

    2009.11.29読了

全2件中 1 - 2件を表示

南原幹雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×