謀将 北条早雲〈上〉 (角川文庫)

著者 : 南原幹雄
制作 : 西 のぼる 
  • 角川書店 (2005年12月22日発売)
3.67
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041633441

作品紹介・あらすじ

文明八年、駿河の有力守護大名・今川義忠が急死した。後継をめぐる家中の対立に、幼少の嫡子・竜王丸の母・千冬(北川殿)は、弟・伊勢新九郎(北条早雲)を後ろ盾とすべく、駿河に招く。すでに、応仁の乱の勃発で室町幕府の支配は揺らぎ、実力ある者が上に立つ、新しい時代が始まろうとしていた。それは、己の可能性に賭ける最大の機会の到来でもあることを、新九郎は敏感に察知していた…。戦国の幕をあけた梟雄の知略を描く歴史長編。

謀将 北条早雲〈上〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 伊勢早雲について書いた本で、早雲が備中で過ごした子供の頃から、三浦道寸を降して、相模を制覇するまでが書かれています。

    早雲がらみの本を読むと、いつも気になるのが狩野道一の存在です。
    あれほどむちゃくちゃだった足利茶々丸に最後まで仕えて、早雲による南伊豆の制覇を最後まで阻もうとしていました。

    茶々丸を支えようとしたのか、単に外敵に対抗しただけなのか分かりませんが、どのような立場で戦っていたのかが興味あります。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-a68d.html

  • 伊勢新九郎こと北条早雲の生涯を書いた長編、上下二巻です。姉で今川義忠の妻・北川殿との関係や、足利茶々丸との死闘など、なかなか面白い設定を数々駆使していて、最後まで興味深く読めました。

    2010.05.31読了

  • 戦国の先駆けのこのお方。
    詳しくは知らなかったので興味津々に読ませてもらいました。

  • 削除

全4件中 1 - 4件を表示

謀将 北条早雲〈上〉 (角川文庫)のその他の作品

南原幹雄の作品

謀将 北条早雲〈上〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする