活字中毒養成ギプス―ジャンル別文庫本ベスト500 (角川文庫)

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : ぼくらはカルチャー探偵団 
  • 角川書店 (1988年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041635049

活字中毒養成ギプス―ジャンル別文庫本ベスト500 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文庫本にこだわっているところがありがたい。それにしても、サンリオ文庫って知らなかったなあ。ピンチョンをたくさん出していたなんて今なら垂涎もの。それにしても、今となっては絶版が多いのが残念だ。

  • 1988年の出版なので、それを前提に読めば様々な楽しみ方ができると思う。所詮、活字中毒者は片寄った趣味人としか見られないので、片寄った著者達の趣味の世界にどっぷりと浸るのも良いだろう。
    紹介されている本もうち幾つかは、Kindleや青空文庫のオンデマンド出版で読むことも可能なのが時代の変化を感じさせるものがある。

  • 文庫に絞っているのがいいですね。

  • 絶版らしい

  • 読書好きの知人からいただいて読んだ本。
    いろんなジャンルのいろんな本がおすすめされている。
    おもしろい内容だったのに、絶版なの?
    もったいない。。。

全6件中 1 - 6件を表示

活字中毒養成ギプス―ジャンル別文庫本ベスト500 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする