祖国よ友よ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041638026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【ネタバレあり】
    船戸与一の短編をはじめて読みました。
    以下各作品のレビューです・

    「祖国よ友よ」
    ・外人部隊上官の悪事に怯むことなく、盟友の意思を受け継ぎ、それを果たしていく様がカッコよくもあり、ハードボイルド一直線という感じでよかったです。ただ、ストーリー的には若干物足りなさを覚えましたが。

    「爆弾の街」
    ・こういう運命は辿りたくないという典型的な話でした。可もなく不可もなく。

    「どしゃぶり行路」
    ・主人公目線でいうとちょっと出来すぎた話かと。こちらも可もなく不可もなく。

    「北溟の宿」
    ・この話が一番おもしろかったです。決して弱みをみせることのない主人公のハードボイルド路線はカッコよかったですし、最期に見せる落ち着いた振る舞いもカッコよくもあり、儚さもありました。

    これで船戸作品は3作品目ですが、どうやら、主人公の背負っている境遇、ヒーロー像はいつも似たもののようですね。まず、日本人であり、外国で反骨の精神で生き延びていく様が浮かび上がっています。


    船戸与一作品:3冊目読破。
    読書期間:2009.5.14~5.21

全1件中 1 - 1件を表示

船戸与一の作品

ツイートする
×