遊字典 (角川文庫)

  • 角川書店
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041639030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【993】 ○ 現代言語セミナー 『遊字典―国語への挑戦 スキゾ=パラノ・ハイテク・マニュアル』 (1984/07 冬樹社) 《『辞書にない「あて字」の辞典』(1995/08 講談社+α文庫)》 ★★★☆ - HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書・映画備忘録
    https://booklog.jp/edit/1/4041639034

    遊字典 現代言語セミナー:文庫 | KADOKAWA
    https://www.kadokawa.co.jp/product/199999163903/

    • nejidonさん
      猫丸さん、ありがとうございます!
      手が届く価格なのが嬉しいです・笑
      いやぁ、これは面白そうですね。
      猫丸さん、ありがとうございます!
      手が届く価格なのが嬉しいです・笑
      いやぁ、これは面白そうですね。
      2020/09/05
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      nejidonさん
      でしょ~根が不真面目なので、規格外が大好きな猫でした。。。
      nejidonさん
      でしょ~根が不真面目なので、規格外が大好きな猫でした。。。
      2020/09/05
  • ルビで読ませるニュアンス漢字。(変な説明でごめん)
    例をいくつか上げると、
    寵児(ペット)、自己陶酔症(ナルチスムス)、血気(アニマルスピリット)とか、
    星辰(ほし)、星宿(ほし)、惑星(ほし)とかね。
    正式の表記では無いのですが、イメージが広がって大好きです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ことばに関する本の執筆者として草分け的存在。常にことばに目を光らせ、マスコミや文芸書から集めたデータ蓄積は超一流。さまざまな方法で料理した本は、気づかぬぬちに知識という栄養になって身につくものとなる

「2003年 『つい他人に試したくなる読めそうで読めない漢字』 で使われていた紹介文から引用しています。」

現代言語セミナーの作品

ツイートする
×