呪縛〈下〉―金融腐蝕列島2 (角川文庫)

著者 : 高杉良
  • 角川書店 (2000年10月25日発売)
3.57
  • (11)
  • (22)
  • (39)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :206
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041643112

呪縛〈下〉―金融腐蝕列島2 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久山さんが自殺したシーンは衝撃。

  • ザ日本のサラリーマン

  • エリートバンカーのサラリーマン人生がいい!

  • ずっと同じことの繰り返しのようだったが、それでも面白かった。

  • 権力争い面白いー。外から見る限りだけど(笑
    第一勧業銀行がモデルになっているらしい。現みずほ銀行。

    人それぞれの葛藤や、罪の償い方が興味深い。
    清廉潔白な人でも、周りの状況等を考えると、
    消極的賛成をせざるを得ないときがあるんだろうなあ。
    特に、このような大きな組織であればなおさら。
    反対すれば左遷されるのだとしたら、それに抗うことは難しいんだろうなあ。

    しかし、ヤクザさんは相変わらず元気がいいなあ。
    そして、皆さん女に振り回されすぎ。気をつけようね(笑

  • 経済小説なんて初めてです。
    でも、読まず嫌いは自称本好きとしては悔しいので(笑)、知り合いの方にお薦めされた作品を読破。

    おじさま好きとしては、萌える男性が多くて良いかと・・・。
    特に、久方さんと中澤さんは良いですね。
    いつも穏やかな対応の中澤専務には、主人公とともに尊敬の思いを抱いておりました。
    久方さんの死は、そういえばこうゆう事件もあったなぁ・・・と。
    このような話が背後に読み取れれば、ニュースも泣けるのだろうなぁ・・・と。

    ただ、私のような読み方が正しい読み方なのかは甚だ疑問ですが・・・。

  • 大部の小説にもかかわらず結末まで一気に読んだ。描写の粘り強さはすごい。権力に固執する人間をあそこまで醜悪に、しつこく描き得た筆者に喝采。08.6.13読む。

全9件中 1 - 9件を表示

呪縛〈下〉―金融腐蝕列島2 (角川文庫)のその他の作品

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

呪縛〈下〉―金融腐蝕列島2 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする