呪縛(下) 金融腐蝕列島II (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.56
  • (11)
  • (23)
  • (41)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 264
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (523ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041643112

作品紹介・あらすじ

金融不祥事が明るみに出た大手都銀。強制捜査、逮捕への不安、上層部の葛藤が渦巻く。自らの誇りを賭け、銀行の健全化と再生のために、ミドルたちは組織の呪縛にどう立ち向かうのか。衝撃の経済小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 朝日中央銀行に勤めるエリートサラリーマン・北野が主人公。検察の強制捜査が入り、総会屋との関係が明るみに出るなど、大銀行の病巣にメスが入れられていく。逮捕者や自殺者が出る中、朝日中央銀行は闇の勢力との決別を宣言するが、権力に固着する過去の呪縛の象徴、佐々木相談役が依然として力を持っており、政治家からの口利きなどを通し改革以前の状態に戻そうとする。佐々木に敢然と反旗を翻す北野。再生に向けて苦闘するミドルを描いた問題作。詳細→
    http://takeshi3017.chu.jp/file9/naiyou6405.html

  • 不祥事 → 役員刷新 → 総会突入、読むには時期的にピッタリ。(ま、もう総会担当じゃないんだけどね...)

    DKB がモデルとは初めて知ったけど、こないだの M のシステム障害とその後を思うと、また、違った味わいが。

  • 【作品紹介】
    検察の強制捜査後、内部の軋轢と外圧にのたうつ大手都銀、朝日中央銀行。銀行の再生を願う北野たちミドルは、闇社会との関係を断ち切るべく立ち上がった。新執行部は株主総会を乗り切ったものの、前会長の自殺という悲劇を迎え、北野たちも動揺を隠せない。前会長からメッセージの込められた遺書を託された北野は、権力に固執する過去の呪縛の象徴、佐々木相談役に対決を挑む。闇社会との関係を排除し、行内の正常化を果たさない限り、銀行の明日はない。再生に向けて苦闘するミドルたちの姿を描く話題作、完結編。

    【感想】
    本作品を読むのは2度目だが、意外と覚えていないというのが最初の印象。
    読み続けると何となくストーリーを思い出してくるが、1度目の感想と同じく
    「なぜこんなひどい奴がメガバンクの頭首まで登りつめられるのか?」
    という一言に尽きる。

  • ザ日本のサラリーマン

  • エリートバンカーのサラリーマン人生がいい!

  • ずっと同じことの繰り返しのようだったが、それでも面白かった。

  • 権力争い面白いー。外から見る限りだけど(笑
    第一勧業銀行がモデルになっているらしい。現みずほ銀行。

    人それぞれの葛藤や、罪の償い方が興味深い。
    清廉潔白な人でも、周りの状況等を考えると、
    消極的賛成をせざるを得ないときがあるんだろうなあ。
    特に、このような大きな組織であればなおさら。
    反対すれば左遷されるのだとしたら、それに抗うことは難しいんだろうなあ。

    しかし、ヤクザさんは相変わらず元気がいいなあ。
    そして、皆さん女に振り回されすぎ。気をつけようね(笑

  • 経済小説なんて初めてです。
    でも、読まず嫌いは自称本好きとしては悔しいので(笑)、知り合いの方にお薦めされた作品を読破。

    おじさま好きとしては、萌える男性が多くて良いかと・・・。
    特に、久方さんと中澤さんは良いですね。
    いつも穏やかな対応の中澤専務には、主人公とともに尊敬の思いを抱いておりました。
    久方さんの死は、そういえばこうゆう事件もあったなぁ・・・と。
    このような話が背後に読み取れれば、ニュースも泣けるのだろうなぁ・・・と。

    ただ、私のような読み方が正しい読み方なのかは甚だ疑問ですが・・・。

  • 大部の小説にもかかわらず結末まで一気に読んだ。描写の粘り強さはすごい。権力に固執する人間をあそこまで醜悪に、しつこく描き得た筆者に喝采。08.6.13読む。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1939年東京生まれ。化学業界専門紙の記者、編集長を経て、1975年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされたリアリティに富む経済小説を次々に発表。企業組織の不条理と戦うミドルの姿を描いた作品は、日本中のビジネスマンより絶大な支持を得ている。他の作品に『金融腐食列島』『乱気流 小説・巨大経済新聞』『管理職の本分』『破戒者たち 小説・新銀行崩壊』、などがある。

「2020年 『銀行渉外担当 竹中治夫 メガバンク誕生(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×