濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (角川文庫)

著者 : 高杉良
  • 角川書店 (2002年11月25日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041643174

濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こう言う人も居るのかなと思いながら読み進んだ。

  • 湯河原などを舞台とした作品です。

  • 経済小説。
    ペンの力を使い、企業から金をむしり取る。
    自我が強すぎるオーナー社長スギリョ−。
    会社は釜の炭までも自分のものと思っている。

    帝都新聞の社員達はオーナーの気まぐれを向け入れざるを得ない。
    宗教団体への参加の強要などから、組合問題へ発展。

    また、主人公の大二郎は、スギリョ−の片腕として活躍するが、
    その行き過ぎた行為に心を悩ませる。

    出世競争、そして、その中で繰り広げられる負の部分が浮き彫りにされている本。

全3件中 1 - 3件を表示

濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (角川文庫)のその他の作品

高杉良の作品

濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする