小説 ザ・ゼネコン (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.02
  • (1)
  • (11)
  • (42)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 155
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041643181

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 経済小説。バブル崩壊前の建設業界を描いている。
    大手ゼネコン「東和建設」のメーンバンクに勤める山本が出向を命じられるところからスタートする。
    そこで建設業界の様々な一面を見ることになる。

    政治力がものを言う世界。騙し合い。談合は当たり前の世界。
    物語とは別に「談合」については、考えさせられるものがあった。
    果たして「談合」は必要悪なのだろうか?

    毎回思うが、人物の心情表現が巧みさがすごい。
    ありありとその場その場の臨場感が伝わってくる。

    そして、社長業の難しさ。まったく違った価値観を持った人達を同じ方向に持っていかなければならないが、
    まわりにYesマンばかり集めてしまうと大きな損失につながる難しさなど。。。

    ストーリー、内容はもちろんおもしろいく大変満足な作品であり、それ以上に様々勉強になる一冊。

  • #fb 積読消化。奥まった話はあまりなく、薄っぺらい。ミステリ風味の味付けで、エンターテイメント性を高めるのかと思っていれば、伏線めいたものは一切回収されず。中途半端。

  • 高杉良の「ザ ○○」シリーズ。
    「ザ 外資」に続いて読んでみました。

    日本語チックに言うなら、「まさにゼネコン」とも
    言えるほどまるでノンフィクションかのような描写。
    (まぁ、話のモデルは存在していますが…)

    高杉良の特長でもある情報量と独特のストーリー展開を
    付け加え、面白い小説になっている。

    政治、談合、人事、出向、バブルなど
    この一冊で一通りのゼネコンのイメージを
    抱くことができる。そのへんの構成は流石。

    まさに「ザ・ゼネコン」であると納得できる作品。

  • 覚悟を決めるために読んだ一冊。

    半分くらいは事実を多少脚色して描写しているので、ゼネコンという業界の嫌な面を知るのには最適な一冊かもしれない。
    ただし経営者レベルにならなければ感じないことではあろうけど。

    小説としては、盛り上がりからクライマックスへの運びが急すぎる、かつ、あっさりしすぎなのではないかと思った。
    途中までのワクワク感はとても良かった。

  • 有力政治家に繋がることのすごさ、案件の獲得や銀行との付き合いなどいろいろなゼネコンの裏事情(?)みたいなものがよく分かった。かつて買収したホテルの前に、この小説のモデルとなった本店があるのだけれど、なんだかとっても切なくなる・・・・。

  • 初めはどうなる事かと思ったが、読み進めるにあたりどんどん引き込まれた。

    まさにスロースターターの小説だ。

    バブル前の話だが、今現在にも共通する組織の体質がみられて面白い。

    組織の中で自分を曲げない強さ、そして良きにつけても悪しきにつけてもコミュニケーションの大事さが良く分かる小説だ。

  • ゼネコンというよりも銀行マンについてのお話です。
    ワンマン社長ってこんな感じなのよねーって思いながら読んでました。
    この人の小説って人物にもリアリティーがありすぎて、サラリーマンあるあるな感じなのが、読んでてテンションが上がりません。そして、やはり少し感覚的に古い体質の企業の話で、年寄りの与太話を聞いている風でもあります。

  • ゼネコンと言っても、銀行から出向してきた社員から観たゼネコンの経営陣の話である。

  • 物語の中心は1988年に大手ホテルチェーンを買収する準大手ゼネコンがモデル。このゼネコンのメインバンクの中堅社員がこのゼネコンに出向するところから物語は始まる。

    複雑な人間関係を簡素に分かりやすく書かれていて読みやすい。
    ただ、ゼネコンの談合体質にもう少し触れてくれても良かったかなと思う。
    まぁ談合の話ではないので妥当でしょうか。

  • こういう社会派小説(っていうのかな?)って初めて読みました。なので、なかなか読み進めるのに苦労しました。でも業界の話って面白い。会社役員も大変だ。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1939年東京生まれ。化学業界専門紙の記者、編集長を経て、1975年『虚構の城』でデビュー。以後、綿密な取材に裏打ちされたリアリティに富む経済小説を次々に発表。企業組織の不条理と戦うミドルの姿を描いた作品は、日本中のビジネスマンより絶大な支持を得ている。他の作品に『金融腐食列島』『乱気流 小説・巨大経済新聞』『管理職の本分』『破戒者たち 小説・新銀行崩壊』、などがある。

「2018年 『銀行渉外担当 竹中治夫 大阪編(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小説 ザ・ゼネコン (角川文庫)のその他の作品

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする