ブラディ・マリーを、もう1杯 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.22
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元警察官という職歴を持つ日系五世の沢田麻里は、ハワイのワイキキ・ビーチに面したホテルのプールサイドバーでバーテンをしている。
    ある日、ホテルの総支配人であるジムに呼び出された麻里は、ホテル探偵としての仕事を依頼され、ホテルの宿泊客も被害に遭ったというビーチに出現するコソ泥を捜査することになるが......。

    2015年9月22日、読了。
    喜多嶋さんの作品の中で、一番好きなシリーズの第1作です。久々に読み返してみたくなりました。
    ハワイの風のようにカラッとした性格のマリーを主人公にしたこのシリーズは、読んでいて心が軽くなります。
    ちょこっとだけ不器用なところも彼女の魅力。続けて、シリーズを読み返してみようと思います。

  • 本当に何気なく手に取った一冊。
    一時間かからず読み終えました。

    何だか古いなぁーと言う印象。
    シリーズものの様なので、機会があれば他の作品も読もうと思います。

  • 途中までは、2時間ドラマみたいな、ちょっと安っぽい感じ。
    でも、最後はちゃんとメッセージがあってよかったな。大事なコトだけどつい忘れちゃうことを思い出した。

  • 昔懐かしい片岡義男を彷彿とさせる、シチュエーション、ストーリー、主人公。主人公は魅力的でカッコイイ女性。浜辺の夕暮れ、ロング系のカクテルかビールを片手に読んだりすると・・・Good?!  ストーリーは軽いです。

  • 最近自伝やエッセーばかり読んでいたので小説を読みたくなって読書。
    軽い。
    サスペンス性も恋愛性も中途半端。
    とにかく軽い。
    ハワイの日系5世のバーテンダー、まりちゃんの話。

  • 古本屋とか書店でずーーーーっと気になっていたシリーズの第1弾。
    ふっと思いついたので借りてきてみました。
    バリバリ北国っ子の私とは正反対のハワイの生活がぎっしり。気持ちよさそうでした。
    夏にカクテル飲みつつ読んだら浸れそう。
    タケシはかなり魅力的でした。
    文体も内容も好きな感じだし、一日一冊読めるような気軽な感じが気に入ったので、シリーズ読破決定!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

5月10日東京生まれ。コピーライター、CFディレクターを経て、第36回小説現代新人賞を受賞し作家に。スピード感溢れる映像的な文体で、リリカルな物語を描き、多くの熱烈なファンを獲得している。近作は『地図を捨てた彼女たち』『みんな孤独だけど』『かもめ達のホテル』『恋を、29粒』『Missハーバー・マスター』(すべて角川文庫)、『海よ、やすらかに』(株式会社KADOKAWA)など。湘南・葉山に居を構え執筆と趣味の海釣りに励む。

「2018年 『賞味期限のある恋だけど』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブラディ・マリーを、もう1杯 (角川文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

ツイートする