ブラディ・マリーと呼ばないで (角川文庫)

著者 : 喜多嶋隆
  • 角川書店 (1995年12月発売)
3.13
  • (1)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646250

作品紹介・あらすじ

あなたは虹を追いかけたことがありますか。「虹を追いかける」という言葉には、「夢を追いかける」という意味が込められているのです…。私の今回の仕事は、18歳の少年のボディ・ガード。父親は一代で財産を築いた会社の社長だが、ハワイで多数の現地社員をクビにしたことから脅迫をうけていた。私は少年と行動をともにするうち、彼の悩みを知らされる。人が抱く夢とは何か。虹を追い続けることが、人生の目的なのだろうか…。

ブラディ・マリーと呼ばないで (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハワイには虹を歌った歌が多い。虹の出やすい土地柄もあるだろうけれど、虹と夢を重ねているからかもしれない。麻里は昔、亡くなった父とそんな会話を交わしていた。
    そんな麻里がボディガードをすることになったのは、東大に合格したばかりの少年、勝。一代で会社を築き上げた父親の会社を継ぐというレールを引かれた勝だったが、彼には夢があった。

    2015年9月25日読了。
    男らしさとは何か、という話です。
    勝の父親みたいな大人、バブルの時代にはいっぱいいたなぁ......と思わず苦笑してしまいました。
    さすがに今の時代でここまでの勘違いな親はいないと思いたい。
    でも。今の時代には今の時代で、別の困った考え方をする親がいたりするんですよね。

  • ブラディシリーズ三作目です。

    一作目に感じた、わざと臭い、小っ恥ずかしいセリフ回しにもだいぶ慣れてきました。
    むしろ愛着すら感じる…笑

    話の中に出てくる料理が美味しそうなんです!
    お酒も美味しそう。

  • たしかシリーズ物。これが3作目かな。一番好きだった記憶はあります。

  • シリーズ3作目。
    これが今のところ一番すきです。
    タケシはいいね。男前です。
    すごくさわやかでいつもにましてサラっと読めました。若いっていいなぁとか思ってしまいましたよ(笑)
    夢があって、それに向かって頑張るのはかっこいいよね。

全4件中 1 - 4件を表示

ブラディ・マリーと呼ばないで (角川文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

ブラディ・マリーと呼ばないで (角川文庫)はこんな本です

ツイートする