お別れにブラディ・マリー (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646281

作品紹介・あらすじ

日本から、75歳の漁師・トクさんがハワイにやってきた。一度でいいから大物のカジキを釣ってみたいと、息子一家とともにハワイを訪れたのだ。トクさんの誠実な人柄に好感を持った麻里は、何とかカジキを釣らせてあげようと奔走する。その一方、トクさんの息子一家は、何かと事件を巻き起こす!あなたには、損得ずくでなく夢中になれる「何か」がありますか?ハワイを舞台に、海の魅力がぎっしり詰まったシリーズ第6弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 75歳にして現役の漁師であるトクゾウがカジキを釣りたいとホノルルにやって来た。
    総支配人のジムから、タケシの船に乗せてほしいと依頼された麻里はなんとかトクゾウの夢を叶えてやりたいと思うが、同伴してきた彼の息子夫婦と孫娘の言動も気になって......。

    2015年9月28日読了。
    なんといってもトクゾウさんが印象的。ただの頑固者ではないんですね、なんだか温かい。
    中学生のときに亡くなった自分の祖父もこんな感じの人だったなぁと。
    物語よりもトクゾウさんに会いたくて、読み返す作品です。

  • 何だかんだでこのシリーズも6作目なのですね。
    ここまで読むとは正直思わなかった。

    時間の流れがゆったりしていて、頭を使わずに本を読みたい時に良いです。

  • シリーズ6作目。
    魚釣りの描写が多かったですね。その辺は詳しくないこともあってちょっと苦手でしたが、トクさんがとても素敵でした。かっこいい人です。
    あんなに夢中になれるものがあるというのはうらやましい。
    初登場のケンくんもなかなか男らしくていい奴です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

5月10日東京生まれ。コピーライター、CFディレクターを経て、第36回小説現代新人賞を受賞し作家に。スピード感溢れる映像的な文体で、リリカルな物語を描き、多くの熱烈なファンを獲得している。近作は『地図を捨てた彼女たち』『みんな孤独だけど』『かもめ達のホテル』『恋を、29粒』『Missハーバー・マスター』(すべて角川文庫)、『海よ、やすらかに』(株式会社KADOKAWA)など。湘南・葉山に居を構え執筆と趣味の海釣りに励む。

「2018年 『賞味期限のある恋だけど』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お別れにブラディ・マリー (角川文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

ツイートする