ぼくとミセス・ジョーンズの夏 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646342

作品紹介・あらすじ

「長く、曲がりくねった道…。そんな人生の方が、人間的でいいと思うの」と彼女はいった。大学1年の夏休み、湘南の葉山マリーナでバイトしていた「僕」は、ボートを出せずに困っていた枝里を助ける。親しくすればするほど、枝里に惹かれていく。しかし、彼女には米軍将校の夫がいた…。表題作「ぼくとミセス・ジョーンズの夏」ほか1編。湘南の海と海辺を舞台に、真摯に海と向かい合う人生を描いた青春ラブストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 湘南・海がテーマの2つの恋愛物語。 「ヒマワリが笑っていた」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

5月10日東京生まれ。コピーライター、CFディレクターを経て、第36回小説現代新人賞を受賞し作家に。スピード感溢れる映像的な文体で、リリカルな物語を描き、多くの熱烈なファンを獲得している。近作は『地図を捨てた彼女たち』『みんな孤独だけど』『かもめ達のホテル』『恋を、29粒』『Missハーバー・マスター』(すべて角川文庫)、『海よ、やすらかに』(株式会社KADOKAWA)など。湘南・葉山に居を構え執筆と趣味の海釣りに励む。

「2018年 『賞味期限のある恋だけど』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぼくとミセス・ジョーンズの夏 (角川文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

ツイートする