Sing―海がくれたバラード (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.52
  • (4)
  • (5)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646380

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夏が来ると喜多嶋隆を読みたくなる。
    彼の著作には湘南をはじめ、
    ハワイや世界の海の匂いがする。
    直接海に行くのが難しい今年の夏は、
    余計にその風景が眩しく感じられる。
    ヨットやサーフィンの疑似体験もできる。
    足の下に揺れ動く波を感じ、
    地球の鼓動と一体になる感覚を味わう。
    じりじりと肌を焼く強い日差しと、
    日陰のひんやりした感じに身を任せる。
    扇風機の風がTシャツを揺らし、
    自然と戯れた疲れのまま昼寝を貪る。
    夏がそこにある。

    喜多嶋隆がつくりだす世界には、
    音楽も欠かせない。
    今回奏でられるのはウクレレ。
    切なげな音色は海にも夏にも似合う。
    舞台は焼けつくようなビーチもいいし、
    あちこちに昼の熱気を残す夜もいい。
    耳を傾けながら、
    古い記憶をそっと思い出し噛み締める。

    主役は二人の少女。
    ヨット大会でハワイから来日した少女と、
    サーフィンで身を立てようと
    新潟から出てきた少女。
    二人は湘南の海で出会う。
    育ってきたバックボーンも夢も異なる二人。
    大切なものを失った失意と挫折を
    ともに抱えている。
    それを音楽が癒していく。

    ウクレレ始めようかな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

5月10日東京生まれ。コピーライター、CFディレクターを経て、第36回小説現代新人賞を受賞し作家に。スピード感溢れる映像的な文体で、リリカルな物語を描き、多くの熱烈なファンを獲得している。近作は『地図を捨てた彼女たち』『みんな孤独だけど』『かもめ達のホテル』『恋を、29粒』『Missハーバー・マスター』(すべて角川文庫)、『海よ、やすらかに』(株式会社KADOKAWA)など。湘南・葉山に居を構え執筆と趣味の海釣りに励む。

「2022年 『潮風メニュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

喜多嶋隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×