きみの愛が、僕に降りそそいだ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.95
  • (1)
  • (2)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 売れっ子の一流カメラマンが「心身の金属疲労」に
    陥って、故郷の田舎に帰ってひとりの女性と出会う。
    ざっくり要約するとそんな感じ。

    感想は…
    うーん。
    あんまり好きじゃなかった。
    展開も登場人物も描写も。

    各章のタイトルのつけ方とか
    なんだか細かいところも
    気になっちゃって
    好きになれなかった。

  • 純愛?
    凪が、かわいそうだ

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

5月10日東京生まれ。コピーライター、CFディレクターを経て、第36回小説現代新人賞を受賞し作家に。スピード感溢れる映像的な文体で、リリカルな物語を描き、多くの熱烈なファンを獲得している。近作は『地図を捨てた彼女たち』『みんな孤独だけど』『かもめ達のホテル』『恋を、29粒』『Missハーバー・マスター』(すべて角川文庫)、『海よ、やすらかに』(株式会社KADOKAWA)など。湘南・葉山に居を構え執筆と趣味の海釣りに励む。

「2018年 『賞味期限のある恋だけど』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きみの愛が、僕に降りそそいだ (角川文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする