サイドシートに君がいた (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.95
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 67
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646434

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 車にまつわる5つの物語。
    主人公達の出会いと別れが詰まった1冊。
    アタシ的には、夢中に読んだというよりも流し読んだ感じ。
    サラサラ読めるけど、サラサラと頭からも抜けて行く感じ。

    ☆あの頃、フォルクスワーゲン
    ☆シャンパンを、雪で冷やして
    ☆マンハッタンの片すみで
    ☆ロードスターの逃亡者
    ☆コスモスが泣くかもしれない

  • 短編集。爽やかでカッコいい生き方をしている男女が、爽やかでカッコいい恋愛をする、という話。典型的な喜多嶋作品だなぁ〜と思います。数年ぶりで喜多嶋作品を読んでみました。学生のころ(高校時代ぐらいから)、このヒトの作品がムチャクチャ好きだったのでした。「ポニーテール・シリーズ」やら「ブラッディマリー・シリーズ」やら「湘南なんたら・シリーズ」やら、しこたま読み漁りました。いや〜懐かしい・・・。しかし、年齢のせいか、嗜好が変わったせいか、この辺の作品に以前のようにハマりこめなくなりましたです。いやはや、なんとも。

  • 2008.03.20

  • 5つの短いお話が集まって一つの本になってる。

    私的には、夢中になって読み進めたいって思うほどのお話ではなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

5月10日東京生まれ。コピーライター、CFディレクターを経て、第36回小説現代新人賞を受賞し作家に。スピード感溢れる映像的な文体で、リリカルな物語を描き、多くの熱烈なファンを獲得している。近作は『地図を捨てた彼女たち』『みんな孤独だけど』『かもめ達のホテル』『恋を、29粒』『Missハーバー・マスター』(すべて角川文庫)、『海よ、やすらかに』(株式会社KADOKAWA)など。湘南・葉山に居を構え執筆と趣味の海釣りに励む。

「2018年 『賞味期限のある恋だけど』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サイドシートに君がいた (角川文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする