恋のぼり 二人で見ていた、あの空に (角川文庫)

著者 : 喜多嶋隆
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年1月25日発売)
3.92
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041646496

恋のぼり 二人で見ていた、あの空に (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鯉のぼりの約束が素敵。
    そのシーンで、タイトルになるほど!と思った。

    ただ、悪い見方をすれば咲はちょっとずるい。
    なぜ今出会ってしまったんだろう…という気持ちもわかるが、ややもすると航のためにチョウを利用したような感じにならないか。
    どうにもならないけど、好きで一緒にいたいと純粋に思うのは素敵なことだけど辛いなあ。咲もチョウも、お互い傷ついたもんね。

    全体的に、文章に「…」が多くてちょっと読みにくい。非常に暗い感じが漂う。実際明るくはないけども。
    中盤以降は、魚がおいしそうな描写が多くてお腹減った。

  • 喜多嶋作品では珍しくシングルマザーが主人公。その主人公・小早川咲には、父を亡くしたショックにより言葉を失った息子がいるという設定。新しい恋の始まりと結末が描かれる。

  • 2011年2月2日読了。
    紙の本としてはなんと、今年の1冊目。
    喜多嶋さんには珍しいストレートなラブストーリー。
    虹のような恋を書きたかったとのことで、かなりせつない。
    せつなくて悪くはないんだけど、私が喜多嶋作品に求めているものとはかなり方向性が違って来ている。
    “ブラディ・マリー”シリーズが恋しい。

全3件中 1 - 3件を表示

恋のぼり 二人で見ていた、あの空に (角川文庫)のその他の作品

喜多嶋隆の作品

恋のぼり 二人で見ていた、あの空に (角川文庫)はこんな本です

ツイートする