宇宙皇子(うつのみこ)〈8〉愛しき太陽(てだ)に死す (角川文庫)

著者 : 藤川桂介
制作 : いのまた むつみ 
  • 角川書店 (1988年6月10日発売)
3.40
  • (2)
  • (4)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041653128

宇宙皇子(うつのみこ)〈8〉愛しき太陽(てだ)に死す (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 金剛山に復帰した小角の命を受けて、宇宙皇子と各務の2人は豊饒の国を求めて琉求へと旅立ちます。

    さまざまな国々を渡り歩く中で、宇宙皇子はキジムナーとの勝負に勝利します。さらに、宇宙皇子と各務は、人々のために尽くすという鬼としての使命感と、お互いに男と女として惹かれ合う気持ちとの葛藤に苦しみながら、お互いのことを深く理解するようになっていきます。

    本巻のエピソードが今後の展開の伏線になっているのかもしれませんが、なぜ沖縄を舞台にしなければならなかったのか、やや唐突な印象を受けました。ヒロインとしては若干影の薄かった茜に代わって各務をメイン・ヒロインに据えたことで、天上界の年齢では思春期真っただ中の宇宙皇子の精神の成長が見られるような展開になっています。

  • 沖縄に舞台が変わったのは良かった。その時代にそんなに簡単に行ったり来たりできるのか、というのは置いといて…。話の焦点が各務とのことや、宇宙皇子自身の葛藤に当てられているのが○。

  • 今回は沖縄まで出張。神様達とのコンタクトもあり、今までとは若干趣が違う。

全4件中 1 - 4件を表示

藤川桂介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙皇子(うつのみこ)〈8〉愛しき太陽(てだ)に死す (角川文庫)はこんな本です

ツイートする