宇宙皇子〈10 愛、はてしなき飛翔〉 (角川文庫)

著者 :
制作 : いのまた むつみ 
  • 角川書店
3.33
  • (3)
  • (2)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041653142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宇宙皇子の襲撃を受けた藤原不比等は、急いで平城京への遷都を実行します。宇宙皇子は、藤原京のあった地に流民たちを集めて彼らを糾合しますが、以前のように性急に朝廷との戦いをおこなうのではなく、未来に向けての希望を紡いでいくような地道な活動に取り組んでいきます。

    ところが、そんな彼らのもとへ葛城王がやってくることになります。彼の正体が分からない宇宙皇子たちは、彼のことを「京忘れ」と呼んで扱いにもてあましますが、王は私鋳銭を作ることを提案して宇宙皇子の苦境を救ったり、流民たちを相手に竹取の物語を話聞かせて彼らの心に働きかけます。そして宇宙皇子は、彼の話に登場する「なよ竹」が、以前無明荒野で出会った姫に違いないと確信するようになります。

    やがて朝廷が宇宙皇子たちの動きに気づき、兵を差し向けますが、宇宙皇子たちは彼らに戦いを挑んでつぶされてしまうのではなく、未来に希望をつなぎつつ撤退することを選びます。その後宇宙皇子は、なよ竹との約束を果たすために、望月の夜に月の世界へと帰ることになる彼女のもとへと向かいます。

    ストーリーが竹取物語へと接合されるのがやや唐突な感もありますが、ともあれこれで地上編は終了となり、次巻から天上編へと話が動いていくことになります。物語のスケールがかなり大きくなって歴史上の事件との整合性に齟齬が目に付くようになってきているので、次巻以降ストーリーの枠が広がることで、もう少し自由に物語が動かせるようになっていることを期待します。

  • 流民王国話とかぐや姫話。新鮮さも何もない。
    王国王国って、王がいないのに王国って呼ばないだろ…。それに民主的な国を目指しているのに、王政の国を作ろうというのか。王国という言葉を、楽園とかいう意味と取り違えてる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

脚本家、小説家、放送作家。慶應義塾大学文学部国文学科卒(1958年)。日本文芸家協会、日本ペンクラブ、日本脚本家連盟会員。京都嵯峨芸術大学客員教授。特撮作品やアニメーションの脚本家として『ウルトラマン』『ウルトラセブン』『突撃! ヒューマン!!』『サンダーマスク』、『マジンガーZ』『六神合体ゴッドマーズ』『宇宙戦艦ヤマト』など多くの作品に携わり、小説家として累計1,000万部を売り上げた『宇宙皇子』シリーズなど。

「2015年 『今は昔“言霊”(メッセージ)あり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇宙皇子〈10 愛、はてしなき飛翔〉 (角川文庫)のその他の作品

藤川桂介の作品

ツイートする