宇宙皇子(うつのみこ)〈天上編 5〉天界千年戦・陰之巻 (角川文庫)

著者 : 藤川桂介
  • 角川書店 (1988年11月1日発売)
2.93
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041653258

宇宙皇子(うつのみこ)〈天上編 5〉天界千年戦・陰之巻 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帝釈天に各務の身柄を奪われた宇宙皇子は、神に対して戦いを挑みます。そんな彼に、天上界の住人になることを選ばず、須弥山にとどまることを選んだ魚飼も、流民たちとともに宇宙皇子の戦いに力を貸そうとします。

    しかしその一方で宇宙皇子は、天上界の掟を地上に暮らすみずからの尺度で判断することへの迷いが生じます。そして、帝釈天によって捕らわれることになった各務もまた、みずからに向けて同じような問いかけをおこなっていました。

    前巻の最後で各務がさらわれたことで戦いの構図が明確になったかと思ったのですが、なぜか地上の掟と天上の掟の相克というテーマが絡んできて、キャラクターの心情をたどることが容易ではなくなってしまっています。もちろんこのテーマは、いずれ宇宙皇子が向き合わなければならない重要な問題には違いありませんが、帝釈天との戦いの中にこの問題を組み入れるのは、やはり無理筋と言わなければならないでしょう。

  • 一度ならず二度も帝釈天にかすり傷も与えられなかったのに、雑兵を集めて勝てる気になるところが、意味わからん。そして各務を救うことを忘れ去ろうとするとか、作者が帝釈天対宇宙皇子の題材で話を引き延ばしたい意図が見え見え。

全2件中 1 - 2件を表示

藤川桂介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙皇子(うつのみこ)〈天上編 5〉天界千年戦・陰之巻 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする