宇宙皇子(うつのみこ)〈天上編 6〉天界千年戦・陽之巻 (角川文庫)

  • 29人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤川桂介
  • 角川書店 (1988年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041653265

宇宙皇子(うつのみこ)〈天上編 6〉天界千年戦・陽之巻 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帝釈天に戦いを挑む中で、宇宙皇子に小角が語りかけます。そして彼の言葉に導かれた宇宙皇子は、神の荒魂に匹敵するような激しさを持った和魂とは何かとみずからに問い、ついに「一刀万殺、一刀万生」の神力を得て、不動明王の姿となり、帝釈天との決着に臨みます。帝釈天もまた、宇宙皇子が地上に生きる者としての立場を捨てることなく、同時に神力を具現したことを認め、ついに彼の要求を聞き入れることとなります。

    しかし、戦いを終えた宇宙皇子は、各務の姿を見つけることができず、ふたたび彼女を探し求める旅へと向かうことになります。

    各務に対する処遇も含めて、神の掟にしたがうべき理由がまったく明瞭ではなく、天上界と地上界の相克に引き裂かれる宇宙皇子の葛藤が理解できないように感じます。

  • 帝釈天との戦いが終わったのはいいが、なんというか、男尊女卑的というか…。阿修羅王の娘や、各務に起こったことは大したことではないという結論ですか?

全2件中 1 - 2件を表示

藤川桂介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙皇子(うつのみこ)〈天上編 6〉天界千年戦・陽之巻 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする