拾異伝宇宙皇子(うつのみこ)〈2〉天翔鬼小子辺(てんしょうきちいさこべ) (角川文庫)

著者 : 藤川桂介
  • 角川書店 (1990年9月発売)
3.13
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 19人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041653326

拾異伝宇宙皇子(うつのみこ)〈2〉天翔鬼小子辺(てんしょうきちいさこべ) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ番外編第2弾は、宇宙皇子が福寿と別れて小角のもとで修業を始めたばかりの頃の話です。

    宇宙皇子は、苦須里をはじめとする遊鬼士たちにも馴染もうとせず、一人で鳥のように空を飛ぶための修業を始めます。彼は、里の民に鬼と呼ばれて迫害されていたとき、ただ一人彼を庇ってくれたやえという少女のために、彼女の父親を殺した火車という妖魔を倒すと誓いました。彼が鳥のように空を飛びたいと考えたのはそのためだったのです。そんな宇宙皇子に興味を抱いた韓国広足は、白山の智天という老師を訪ねるように唆し、宇宙皇子はそこで修業に務めることになります。

    修業の中で宇宙皇子は多くのことを学び、最後は小角の助けも借りて、火車を討ち果たすことに成功します。

    本編の方はストーリーが壮大になりすぎて、著者自身も手に負えなくなってしまっているような印象もありますが、本書はまだ宇宙皇子が幼い頃の話ということもあり、素直に楽しめる内容になっています。

全1件中 1 - 1件を表示

藤川桂介の作品

拾異伝宇宙皇子(うつのみこ)〈2〉天翔鬼小子辺(てんしょうきちいさこべ) (角川文庫)はこんな本です

ツイートする