宇宙皇子〈妖夢編 2〉忍ぶ草を結んで (角川文庫)

著者 : 藤川桂介
  • 角川書店 (1993年3月25日発売)
2.86
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 20人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041653562

宇宙皇子〈妖夢編 2〉忍ぶ草を結んで (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一本タタラという妖魔が現われ、里の人々は金剛山の鬼たちに救いを求めます。各務は遊鬼たちを率いて戦いに挑みますが、あいかわらず鬼としての自覚に欠ける彼らの指導に右往左往する羽目になり、さらに気力の衰えた隙を突かれて妖魔のダルに襲われてしまいます。

    各務は苦しみながらも、三笠山の女童から授かった土笛を吹くことによって、ついに霊力を現わすことに成功します。最後は、宇宙皇子が七星剣によって一本タタラの怨霊を鎮めることに成功し、宇宙皇子も各務も、そして遊鬼たちも、それぞれが成長を遂げることになります。

    妖魔との戦いと、平城京の政治闘争という、2つの軸が平行する形でストーリーが進んでいくようです。この2つがどういう形で交わることになるのか、少し楽しみになってきました。

全1件中 1 - 1件を表示

宇宙皇子〈妖夢編 2〉忍ぶ草を結んで (角川文庫)のその他の作品

藤川桂介の作品

宇宙皇子〈妖夢編 2〉忍ぶ草を結んで (角川文庫)はこんな本です

ツイートする