宇宙皇子〈妖夢編 7〉 (角川文庫)

  • 16人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 藤川桂介
  • 角川書店 (1994年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041653616

宇宙皇子〈妖夢編 7〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 苦須里と田加良という仲間を失いながらも、道鏡の野望を退けることに成功した宇宙皇子でしたが、新たに藤原百川が権力を握ろうと策動を開始し、ふたたび朝廷内部に抗争の兆しが生じてきます。宇宙皇子は、信頼する和気清麻呂や山部親王らに働きかけをおこない、朝廷を善導しようと努めます。そんな中、長く宇宙皇子と運命を共にした釣も、ひっそりと息を引き取ることになります。

    ところが、金剛山に朝廷の侵略にさらされている蝦夷から救援の依頼が舞い込みます。かつて挫折しいた流民王国の夢をふたたび実現させようと考えていた宇宙皇子は、金剛山の鬼たちを率いて蝦夷の戦いに加勢し、ここに流民王国実現の足掛かりを築こうとします。

    道鏡との戦いが終わり、ひと段落といったところでしょうか。ストーリー的にはあまり大きな動きはなく、妖夢編も残すところあと3巻ですが、新たにどのような展開があるのか気になります。

全1件中 1 - 1件を表示

宇宙皇子〈妖夢編 7〉 (角川文庫)のその他の作品

藤川桂介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙皇子〈妖夢編 7〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする