日本史の叛逆者 私説・壬申の乱 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.66
  • (5)
  • (9)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 100
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041662090

作品紹介・あらすじ

古代史上最大の争乱といわれる壬申の乱。中大兄皇子と大海人皇子の異父兄弟は、何故それほどまで憎み合わなければならなかったのか。歴史の真相と人間模様を独自の視点で探り、描いた新本格歴史小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公の漢殿(大海人皇子)は、皇極女帝が新羅の王族との間で生まれた子供であり、皇子には列せられない不義の子、槍の名手で中大兄皇子のために暗殺を司る、との過激な設定。大化の改新から壬申の乱まで駆け足のストーリー展開。

  • 著者の歴史観をそのまま反映させた小説で、まあまあ楽しめる。
    にしても中大兄皇子のキャラ設定には、ちょっと失敗しているように思えるなあ。

  • 壬申の乱、天智・天武の代替わりがよく分かる。

  • 一言で言うと斬新。いろんな視点から歴史を見ようというきっかけになりそう。

  • 古代史上最大の争乱といわれる壬申の乱。中大兄皇子と大海人皇子の異父兄弟は、何故それほどまで憎み合わなければならなかったのか。歴史の真相と人間模様を独自の視点で探り、描いた新本格歴史小説。

  • 終わったのではない、これから始まるのだ

  • なかなか良いです。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1954年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し報道局に勤務。80年、『猿丸幻視行』(講談社)で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念し、歴史推理小説の分野で活躍する一方、日本史と日本人についての評論活動を積極的に展開。歴史についての鋭い考察は「井沢史観」と称される。
ベスト&ロングセラーとなっている『逆説の日本史』『逆説の世界史』シリーズ(以上、小学館)、『崩れゆく韓国あの国をダメにした五つの大罪』『「平和の祭典」2022年北京オリンピックをボイコットせよ』(いずれもビジネス社)、『お金の日本史 近現代編』(KADOKAWA)など著書多数。
YouTube:井沢元彦の逆説チャンネル
http://bit.ly/izawa_gyakusetsu
Twitter:@m_izawa

「2021年 『「日本教」をつくった 聖徳太子のひみつ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の作品

ツイートする
×