GEN―『源氏物語』秘録 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.50
  • (4)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041662106

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 源氏物語のプロトタイプが見つかった事で、赫赫然然と風が吹いて桶屋が儲かる式に、角川書店が誕生するという話。平安時代・南北朝時代・昭和(戦前・戦後)が、時を超えて絡む壮大なミステリーで、折口信夫や柳田國男とか、まだ歴史になっていない実在人物が、フィクションで登場するのが面白い。

  • 井沢さん!?源氏物語!?絶対面白いに決まってるじゃん!!と、即効借りたけど、以前に読んでるね。これ。
    だからブクログ大事だわ~。つい好みで借りるとダブるよね…。
    でも、う~ん。どぅなんだっけ?どぅなんだっけ?と新鮮にちゃんと楽しんだ。

  • 「源氏物語」つながりでひっかかったので読んでみたのですが、なんか思ってたのとちょっと違ったな。
    結局、源氏物語多作者説ってのはどうなのよって扱いで、そこがむしろメインではなくなってしまうけど、南北朝時代の天皇正当性とかなかなか興味深かったです。
    日本史おもしろいなぁ。
    ちょっといろいろ中途半端な感じになってしまったのが残念だったけど、おもしろかったです。

  • 日本史の先生に貰って読みました。
    源氏物語多作者説から始まるミステリ。
    歴史に詳しくないと面白くないかも。
    ただし、歴史を知ってると、こんな風な考え方あったんかいなと楽しめる。
    真実かどうかが問題じゃなく、単純に面白い。

  • 国文学者・折口信夫のもとに一通の手紙が届いた。差出人の貴宮多鶴子によると、貴宮家に代々伝わる『源氏物語』は、従来の五十四帖のものと異なり、十七帖しかないという。これは『源氏物語』の原型といわれる『原・源氏物語』なのか?折口の指示により貴宮家に出向いた若き国文学徒・角川源義は、源氏千年の歴史に日本国家を揺るがす驚愕の事実が隠されていることを知る―。『源氏物語』多作者説を裏付ける『原・源氏物語』の存在をめぐり交錯する謎を、独自の視点と卓越した想像力で解明した、長編歴史ミステリー。

    ジョイノベルス(1997.11)
    角川文庫(1998.10)

  • 中途半端ですっきりしない。

  • 学校で一度は習い
    誰でもタイトルだけは知っているであろう「源氏物語」
    第二次世界大戦前の日本の大学生が
    源氏物語に隠された謎を解き明かそうとするが…
    という具合でしょうか。
    実は源氏物語は
    元・源氏物語があるのではないか?という話です
    天皇家に伝わる三種の神器が出てきたり
    殺人事件が起きたりと
    最後まで展開が全く読めないこの小説。
    なかなかこの時代背景に触れる機会がなかったので
    個人としては 良く出来てるなと思いました。

  • 今、流行中の「源氏物語」です。

    主人公は、角川 源義。脇をかためるのが、折口 信夫。
    これは、おもしろくないわけがない。

    でも、思ったほど荒唐無稽ではなくて、真面目な感じのお話に仕上がっています。

    まあ、わたしは、確かに話に一貫性はないけれど、でも、源氏物語って、1人の人間が、勢いで色々書いてみた話ではないかと思っています。
    キャラクターが、立ちすぎるぐらい立っているからなぁ……。多分、1人だと思うんですよ。

    最後、角川文庫発刊の言葉でしめるのは、さすが。

  • 源氏物語「複数作者説」を軸としながらも天皇家(南北朝の動乱の際に分かれた子孫という設定)の問題を扱っています。

    折口信夫に柳田國男、ついでに金田一耕助まで登場してなんだか盛りだくさん。
    終わり方がもったいなかったなという印象は否めません。

  • 源氏物語に隠された謎を知った時の衝撃と言ったら!源氏好きなら絶対読んで損は無いはず。

全13件中 1 - 10件を表示

GEN―『源氏物語』秘録 (角川文庫)のその他の作品

井沢元彦の作品

ツイートする