英傑の日本史 源平争乱編 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.73
  • (4)
  • (12)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 99
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041662182

作品紹介・あらすじ

源義経・平清盛・源頼朝・武蔵坊弁慶・北条政子――。日本史上有数の大変革期を戦った源氏と平氏。「歴史の神」に選ばれた英傑たちのドラマと、定説からは見えてこない歴史をダイナミックに読み解く!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「モリとかヨリとか多すぎてわけわけんねぇー!!」と切って捨てたくなるような、源平争乱期に活躍した偉人たちについて、手っ取り早くスッキリ解説。前作『新撰組・幕末編』に比べると、著者の悪癖(左派や護憲派、戦後民主主義に対する罵詈雑言で話が脱線する)が大分控えめに仕上がっていて、読みやすかった。

  • 「パイオニアは悲劇を辿る」歴史の法則。

  • 既読でしたがNHK大河「平清盛」が始まったので再読。
    源平時代の各人物に焦点を当てて書かれた本書、順に読むと繰り返しになる部分もあるけど、拾い読みするにはいい本です。義経、頼朝、清盛、後白河法皇の分量はたっぷりあります。

  • 『西行花伝』を読んだとき、知識のフォローアップとして読んだ一冊。今週末から伊豆へ行くため、頼朝の項だけ再読した。

    一般向けの歴史解説書として、適度に俗っぽくて面白い。歴史の経緯が明快に示される一方で、「判官びいき」や「左衛門」などの言葉の背景に触れるなど、時折挿入される閑話も気が利いている。ただ、後半は前半の叙述を別の切り口から反復している感が強いので、拾い読みしても支障はないと思う。普段、本の拾い読みが苦手な私だが、こういう構成の本であればそれもまた然りと初めて思った。

  • (2008.9.25 初版)

  • 2008年10月2日、天神の丸善にて購入。
    2012/7/18~7/31

    たまたま大河ドラマで清盛をやっている時期に、この本とこの時期を取り扱った安部龍太郎氏の「天馬燃ゆ」を平行して読んだ。日本史上、初の武家政権が誕生した源平時代であるが、今まで余りにも無知であった。小説と人物解説を合わせ読んだことで、おおよその理解が出来た。この時代、ある意味戦国時代より面白いかも。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1954年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し報道局に勤務。80年、『猿丸幻視行』(講談社)で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念し、歴史推理小説の分野で活躍する一方、日本史と日本人についての評論活動を積極的に展開。歴史についての鋭い考察は「井沢史観」と称される。
ベスト&ロングセラーとなっている『逆説の日本史』『逆説の世界史』シリーズ(以上、小学館)、『崩れゆく韓国あの国をダメにした五つの大罪』『「平和の祭典」2022年北京オリンピックをボイコットせよ』(いずれもビジネス社)、『お金の日本史 近現代編』(KADOKAWA)など著書多数。
YouTube:井沢元彦の逆説チャンネル
http://bit.ly/izawa_gyakusetsu
Twitter:@m_izawa

「2021年 『「日本教」をつくった 聖徳太子のひみつ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の作品

ツイートする
×