13のラブ・ソング (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.57
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041664087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「香水」みたいに、ちゃんとオチのある話以外は、どこか素人っぽい印象が残る短編集でした。
    まあ、もちろん、素人にこれが書けるかというと……多分、全然、無理なんだと思いますが。

    その素人っぽさが、作品のむずがゆいような「恋愛」似合っていて、いい雰囲気でもあります。

    でてくる登場人物は、大人ぶって、どうしても人と距離をおいちゃう部分、すかしちゃう部分があるのですが、多分、それは、ナイーブさの裏返しなんだろうなぁと思えます。

    同じ感じの菊地作品で、「風の名はアムネジア」とか、「インベーダーサマー」とかありました。ただ、あれほど素直に入ってはきませんでした。
    なんでかなぁと思ったけど、あっちの方が受け入れやすく感じたのは、多分、あれがジュブナイルだったからだと思います。読んだのも、それがピッタリくる年齢だったし。

    だとすると、わたしは、あんまりあれから成長してないのかもしれません。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作で、人気作家の座を不動のものとした。以後、SF、ホラー、ファンタジー、伝奇など幅広いジャンルで活躍。本書は、〈魔界都市“新宿”〉を象徴する黒白の魔人、せつらとメフィストが、自らの存在の危機に共に立ち向かう、読者待望の最新作である。ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ66巻刊行中)、「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)など、多数の著作、シリーズを数える。

「2021年 『魔界都市ブルース 傀儡人の宴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊地秀行の作品

ツイートする
×