魔界医師メフィスト (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.34
  • (4)
  • (6)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 88
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041664100

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 患者と秋せつら(私)を愛するメフィスト先生が主に美しさを武器に何かと戦うお話。秋せつらが見たくて読みました。

  • 読書録「魔界医師メフィスト」3

    著者 菊地秀行
    出版 角川文庫

    P40より引用
    “思わず、手で掴んで剥ぎ取りたくなるような笑いである。”

     目次から抜粋引用
    “新人看護婦
     街へ来し者
     追いし物
     幸運な刑事
     鬼女の舞う夜”

     超常なる力を操る医師を主人公とした、ダークファンタジー長
    編小説。
     赤ん坊を抱いて母親が逃げていた、家族から。赤ん坊を病から
    助けるために、母親が依頼した相手は…。

     上記の引用は、とある登場人物の笑いの説明。
    次のページをめくると別の事を描いたイラストがあるのですが、
    出来ればこの顔を描いておいて欲しかったと思います。
     エロ、グロ、バイオレンス、ファンタジーと盛り沢山な内容と
    なっています。描写がきつく感じる方もおられるでしょうから、
    好き嫌いが激しく出る作品なのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • 退廃とした世界、背徳的で耽美、暴力、エロティシズム、混沌とあらゆる要素が詰まっています。常に世界の中心にいるメフィスト先生がすてきです…。

  • 同作家作品では 「吸血鬼ハンターD」が一番有名なのかな?

    「魔界医師」はちょっとグロいし,舞台である魔界都市(新宿)のこととががよく分からないので, 別のシリーズを読まなきゃ理解できないかも.
    2007.06.20

    でも主人公のメフィストが怪しすぎるので,気になって夜もねむれず一気に読めると思います.

  • 魔界都市<新宿>を代表する人物の一人であり、十六夜京也、秋せつらをカバーしてきたドクター・メフィストがついに主人公へ。人間に翻弄される鬼夫婦をメフィストが救う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作で、人気作家の座を不動のものとした。以後、SF、ホラー、ファンタジー、伝奇など幅広いジャンルで活躍。本書は、〈魔界都市“新宿”〉を象徴する黒白の魔人、せつらとメフィストが、自らの存在の危機に共に立ち向かう、読者待望の最新作である。ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ66巻刊行中)、「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)など、多数の著作、シリーズを数える。

「2021年 『魔界都市ブルース 傀儡人の宴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊地秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×