魔界医師メフィスト―暗夜蝶 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.54
  • (3)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041664131

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書録「魔界医師メフィスト暗夜蝶」3

    著者 菊地秀行
    出版 角川文庫

    P22より引用
    “おれのそばに近寄らないでくれ、と四十五歳の浮浪者は願った。
     夏の陽ざしがみんな吸いとられてしまう。この男に恋でもしち
    まったみたいに。”

     目次から抜粋引用
    “余震
     夏の虫
     風水の女
     魔都と魔震”

     超常の力を持つ医師を主人公とした、ダークファンタジー長編
    小説。シリーズ第四弾。
     極めて軽い地震が起きた魔界都市新宿、地震の大きさにくらべ
    てしかし、その後の出来事はあまりにも大きかった…。

     上記の引用は、主人公・メフィストの美しさを形容した一文。
    毎度毎度、メフィストの美しさが描かれていますが、その力の大
    きさから思うに、美しく見えるのもメフィストの力のせいかもし
    れません。
     徐々に魔震というものについて書かれてきているようです。こ
    こまででこの作品のファンになった方ならば、続けて読まざるを
    得ないでしょう。

    ーーーーー

  • 看護婦は腰を灼熱の剣に刺し貫かれ昏倒した。厚さ三センチの鉄扉をも突き通した武器の正体。それは精神病院に閉じ込められていた魔震の落とし子“ホーク”が甦り、放った肋骨剣であった。魔震から十数年、ある夜突如新宿を襲った余震は、魔界都市の新たな驚異と凄絶な戦いの幕開けだった―。メフィストを愛する旅芸人お蝶と“ホーク”の仲間たちの死を賭けた闘い。魔震の秘密に深く迫る、圧巻、超人気シリーズ第四弾。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

魔界医師メフィスト―暗夜蝶 (角川文庫)のその他の作品

菊地秀行の作品

ツイートする